覚えておきたい!伝統ある赤ちゃんの行事いろいろ。

赤ちゃんの誕生や、健やかな成長・幸せ・厄払いも込めて沢山の行事がありますますが、意外と大変なのが、”1歳”になるまでに、様々な行事がある事です。

産後の体調が復活していない中、まだ小さな赤ちゃんで身体機能が未熟、体力も完全な状態ではない中、不慣れな環境で行われます。

しかし、赤ちゃんの幸せと健やかな成長、災難回避を願って大切な一大イベント・行事になっています。

今、現代では、核家族も増えて昔の伝統を変化して、多少の違い(やり方)があって行われていますが、これは時代の変化であって伝統を受け継いでいないわけではありません。

そんな大切な行事を1つずつ見ていきます。

帯祝い

妊娠5ヵ月目に入って、暦で戌の日に行います。

神社が大半ですが、行かれる神社によっては、電話予約が必要な神社もあります。

用意するものは?

個人でマタニティー用のガードル妊婦帯を買って持参するのが基本となります。

また、神社で実施する場合、神社から綿でできた腹帯(昔ながらの腹帯で、妊婦用ではありません)がいただけます。

つわりが重い、早産ぎみ、切迫流産状態の妊婦さんは、参列する事や無理はしないで、妊婦用の腹帯やガードルを買って(買ってもらって)、戌の日とされる妊婦さん・家族がいます。

あえて、神社へ行かない妊婦さんも、これに属しますが、間違いでもなく何の支障もなく、問題ありません。

何の為にするのか?

犬が多産で、お産が軽い事にちなみ、安産祈願の為に実施します。

人間も苦しまず、犬のように安産で産まれる・産めるようにとの事です。

どんな事をやるのか?

腹帯(個人で買った物か、紅白の岩田帯)を締めて神社へ向かいます。

神社のやり方によっては、「この帯祝いが終わってから、腹帯を締めて下さい」と言われるところもあります。

腹帯をしないで行かれても、腹帯着用で行かれても、どちらでも構わないようです。

しかし、儀式が終わってから着用の方が良い・安全と思われている方(妊婦さん・家族、神社・お寺の方達)が多く、個人の思い・意向によって異なってきます。

また、個人で買った腹帯・ガードルを準備していた場合、安産祈願と異常・異変が起きないように、その物自体にお祓いをする必要がある、と神社の方が話されていました。

お七夜

赤ちゃんが誕生の日から、数えて7日目に、赤ちゃんの誕生と、名前のお披露目をして、無病息災を願う為に行います。

どんな事をやるのか?

正式には名付け親が、赤ちゃんの名前を書いた棒書紙を白木の台に乗せて、鯛または鯉を添えて贈ります。

現代では、半紙に名前を書いた物を部屋に貼って、親族で食事をする等の略式がほとんどだそうです。

また、産後のお母さんを考慮して、食事会等を実施されない家庭も半分近くいらっしゃるそうです。

赤ちゃんや、お母さんの状態によっては、まだ病院へ入院されている方もいます。

家庭の背景によって、様々ですが用紙に名前を書いて、壁や見えるところに貼っておくのだけは共通しています。

お宮参り

生後31~33日となり、男の子の場合は生後31日目(地域によっては最後32日)、女の子の場合は、生後32日目(地域によっては生後33日)の事が多いそうです。

何の為にするのか?

地元の氏神様に、赤ちゃんの誕生を感謝して、長寿と健康を祈り、無病息災を祈願する為に行います。

また、帯祝いをした神社へ行き、無事に出産できたという報告と、お礼を兼ねて詣でる家族も増えているようです。

この場合、必ずしも神社からいただいた帯を返さないといけない、という決まり・原則はないようで、思い出・記念にと、保管される選択もあるようです。

どんな事をやるのか?

神社に参拝して、お祓いをしてもらうのが一般的になっています。

伝統的には、参列者は紋服を着て、お父さん側の祖母に赤ちゃんを抱っこしてもらう事になっていますが、現代では親子のみの核家族のみで、衣装もこだわらず、その家庭に合った方法で実施されているのが多いようです。

お食い初め

生後100日目か、120日目に、一生、食べ物に困らないようにと祈願して行われます。

また、しっかりご飯を食べて、健やかに育ってほしいという願いも込められています。

どんな事をやるのか?

赤ちゃんが、初めて大人と同じ物を食べるという成長の節目のお祝いで、“百日祝い”とも呼ばれています。

子ども用の茶碗・箸を揃えて、箸で食事する一人前の人として扱います。

“百日の一粒食い”と言って、ごはん粒を1つ口に入れる尾頭付きの鯛などを食べさせる真似をします。

また、“歯固め”と言って、丈夫な歯が生えるようにと願いを込めて、お膳に綺麗な清潔にした青い石を乗せます。

正式には、赤飯尾頭付きの鯛の焼き物煮物香の物吸い物の1汁3菜となり、それぞれを器に盛るのが理想です。

料理にこだわる必要はありませんが、最低でも赤飯と鯛の焼き物は必ず準備されるのがお勧めされています。

初節句

女の子・男の子に共通して、生まれてから初めての・最初の節句を指します。

女の子は、“桃の節句”3月3日。男の子は、“端午の節句”5月5日で、“菖蒲の節句”とも言われています。

何の為にするのか?

女の子の場合、雛人形が身代わりになって病気や災いを引き受けてくれると言われており、それを願って実施します。

男の子の場合、強い香気で厄を祓う菖蒲で、無病息災を願う為に実施します。

どんな事をやるのか?

伝統的には、お母さん側の実家から女の子には雛人形を、男の子には鯉のぼり・武者人形・鎧兜を贈ります。

桃の節句では、ちらし寿司鮑のお吸い物ひなあられ白酒麦餅等を食べ、端午の節句では、ちまき柏餅等を食べます。

現代では、家(敷地・面積)の都合や時代変化等で、雛人形・鯉のぼり・武者人形・鎧兜は簡素化されて、コンパクトな面積で少ない人形数、組み立て式・収納式、沢山の段が無い等、形状・重さも変わってきています。

また、必ずしもお母さん側の実家から贈らなければいけないとは限らないようです。

初誕生日(満1歳)

満1歳の誕生日に、無事に1歳を迎えられた事を感謝して、無病息災を祈願する為に行います。

また、立って(立ち始め)歩き出した子どもに憑きやすい、邪霊を追い出す意味合いも込めて、実施されます。

どんな事をやるのか?

“力餅”“立餅“と呼ばれる祝い餅を、赤ちゃんに背負わせる伝統があります。

餅を赤ちゃんが背負いやすいようにリュックに入れたり、風呂敷で包み背負わせたりする家庭もあるようです。

赤ちゃんの行事一覧

上記に書いてきたものと参考までに追加しているもの(ハーフバースデー)もありますが、簡単な一覧表にします。

赤ちゃんの誕生日によっては、ハーフバースデーと初節句が逆になる事もあります。

赤ちゃんの月齢 行事の目的

妊娠5ヵ月目の戌の日(胎児)

安産祈願
お七夜 誕生の名前 無病息災
お宮参り 生後1ヵ月前後。 誕生に感謝して無病息災を祈願
お食い初め 生後100日目に、一生、食べ物に困らないようにと祈願
初節句 無病息災の祈願
ハーフバースデー 生後6か月を感謝して祝う
初誕生日 無事に1歳となった感謝と、無病息災を祈願

現代では、伝統あるものを受け継ぎながらも、現代に沿って、各家庭に合ったやり方で行われているのが増えています。

同時に、赤ちゃんの生後6ヵ月を記念・祝いとして“ハーフバースデー”を実施される家庭が増えてきたそうです。

このハーフバースデーは、主には両親が無事に生後6ヵ月を迎られた、6ヵ月になった、1歳の半分まで来た、という意味合いを込めて、お祝いをされている家庭が大半のようです。

中には赤ちゃん用のパンケーキを作って、お祝いする家庭もあるようです。

親子で過ごせる大切な記念日

個人的には、姉妹のみなので、私の母の母(母方の祖母)が買ってくれた、立派な雛人形一式が飾られていました。

長い廊下の半分までの長さと、段階が多く、人形や装飾品も数え切れない程あったのを、鮮明に覚えています。

私達の地方では、雛人形を早く出して3月4日には片づけないと、「嫁に行くのが遅くなる」、「嫁に行けなくなる」と、語り継がれたものがありました。

雛人形も、組み立てる材料も重くて、父が年を重ねるに連れ、雛人形を出さなくなりました。

同時に、私達も雛人形を飾りたい・飾ってほしい、と、思わなくなったのが現実でした。

その背景には、出す・片づける手間暇がかかる事と、塾や部活等で忙しくなっており、雛人形を見つめる時間もなくなっていた、という事がありました。

娘が誕生してから、私の両親から「どんな雛人形が良いか、決まったら連絡してね」と、言われていました。

でも、送料代が多額な事、距離が遠すぎて輸送中に何かあっても全責任は取れない、と言われた事もあり、現金を頂き、そのお金で、良い雛人形を買いました。

収納式で、人形が2体と数種類の装飾品です。

昔と比べ、随分と小さくコンパクトで、収納スペースも取らず、埃にも強くなったように感じました。

手軽に出せて飾れて、片づけられるというのが、小さなアパート住まいの私達にも合っていました。

同時に、専門家に聞いたところ、「現代は、こういったコンパクトな収納型や、ケースを出すだけで直ぐ飾れるタイプ(既に飾ってあって、動かないように設定されている物)が主流です」とも聞きました。

時代の変化と共に、人の考え方もやり方も変わってきていますが、我が子を思う親心だけは変わっていない、という事に気づくと同時に、実感しています。

健やかで災難なく、明るく元気に育ってほしいもの、親なら誰しもそう願い、上記のような行事があれば願って、頼ってでも行うものとも感じています。

また、記念日ともなり、思い出として残るものも良いと思います。

親子で過ごせる大切な記念日です。

強いこだわりや、多少の日付違いでも実施した事に、深い意味があると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です