赤ちゃんの手足口病ってどんな病気?症状別おすすめの対策法

手足口病は、乳幼児に多く見られるウイルス感染によるものです。

特徴的なのは、便にウイルスが排泄され、その便が感染源となります。

排泄のお世話時に便を触れた手や、赤ちゃんが何かの拍子でお尻に付着した便を触ったりすると、その手からも感染し拡大する事になってしまいます。

そこでここでは手足口病のことについて症状別の対策や治療について説明してきます。

手足口病が多い時期

file000303872232

手足口病は1年のうちで夏場の発症が多く、流行する事があります。

また、流行時には極稀に“髄膜炎”による死亡報告例があるので、軽視してはならない疾患の1つでもあります。

託児所や保育園等に通われている上のお子さんがいる赤ちゃんでは、その上の子が感染すると、二次感染として赤ちゃんに感染する可能性もあります。

また、上のお子さんがいらっしゃらない家庭でも、産後に預けながら働くお母さんは、託児所や保育園等で、赤ちゃんへ感染する可能性がある事を念頭におく必要があります。

託児所や保育園等では、乳幼児の集団でもある為、誰か1人が発症すると次々に感染し、同じ症状・疾患を患う可能性が高くなります。

先生と呼ばれる保育士が、手袋の交換や手洗いを徹底してオムツ・パンツ交換しても、目の行き届かないところで感染源が拡大・進行している事もあります。

手足口病の症状と治療

手足口病の症状の流れとして、発熱、口内痛・咽頭痛、水泡性丘疹の後に治癒という過程があります。

その時の症状によって治療も変わってくるのでしっかりと覚えておきましょう。

発熱

手足口病で発熱は起こらない赤ちゃんもいますが、罹患した赤ちゃんの1/2~1/3に微熱程度の発熱が見られます。

解熱薬を使用しないで、冷やして経過観察をするのが多いですが、高温になり必要時は解熱薬が処方されます。

口内痛・咽頭痛

口腔粘膜に水泡や潰瘍を伴い、咽頭炎を伴う為に痛みが起きます。

口腔粘膜の水泡は、潰瘍病変が生じる為、痛み・滲みるといった苦痛を伴います。

口腔内用のステロイド剤キシロカインゼリーを使用して、疼痛軽減と回復を促す対症療法が行われます。

水泡性丘疹

手背、手掌、指間、足間、足背、足底、膝関節、口腔粘膜に見られます。
(水泡性丘疹とは、ポコポコとしているもので、中に水を含んだ丸みをおびたものです)

水泡は、2~4日で乾燥して飴色になるのが特徴で、自然治癒する為、特異的な治療法はありません。

丘疹

出現部位は多様で、必ずしも手・足・口の3ヵ所に出現しない時もあります。

丘疹は、かさぶた(痂皮)を形成してから、7~10日で瘢痕を残さず治癒するのが特徴です。

手足口病のその他のケア

手足口病は外見から見て、かさぶたや水泡を生じます。

異変や症状への興味から、その場所へ手を持っていく赤ちゃんもいます。

無理にかさぶたを引っ掻いたりして、剥がしたり出血させたりしない為に適度に爪を切り、引っ掻いた時の影響を最小限に努めます。

また、半袖を着せず長袖にする、下着も綿で吸水性に優れている長袖の下着を着せるといった工夫も大切です。丘疹の部位に、ガーゼを覆って保護するのもお勧めです。

かさぶたに痒みを生じている場合は、水で濡らした少し冷たいガーゼを当てて、痒みを抑える工夫をします。

また、温まり過ぎる温度での入浴を控え、寒くない程度のぬるま湯・適温のお湯に浸かると痒みが増しません。赤ちゃんの状態と気温、室温を確認してから湯加減を調整されて下さい。

痒い時は冷やすと、痒みが引き緩和されます。

逆に温めると、痒みが増し拡大してしまいます。

搔いたり、引っ掻いたりすると肌への刺激が強くなり悪循環となってしまうので、可能な限り痒みを最小限に抑えるケアを行います。

同時に、赤ちゃんの熱の状態によってシャワーや入浴・清拭を選択して行い、清潔の保持に努めると痒みが落ち着いたり、気分転換になったりします。

手足口病と合併症

流行時の極稀に、髄膜炎を合併してしまいます。また、下痢を伴う事もあります。

感染源となる便の接触を遮断する事と、排泄の援助後は厳重に手洗い・うがいをして自分が感染してしまう予防と、感染拡大の抑制に努めます。

同時に、家族全員で励む事が必要であり、場合によって排泄のお世話をするメインの人を決めて徹底するのも効果的です。

オムツ処理の際に、便をトイレへ流すので、トイレの掃除・除菌も必要になってきます。

パンツ(トイレトレーニング)の時も、汚れを手洗いした後、パンツを洗濯用洗剤等に浸け置きにして、最後の手洗いもしっかり行います。

処分するオムツに関しては、使用後の1枚のオムツを1つずつ袋に入れて万一、触れても直接、オムツを触る事がない状態にします。

手足口病は、対症療法が基本ですが、医師の説明をよく聞き、守る事で最悪の事態を防ぐ事は可能です。

場合によっては、託児所や保育園等を休み、自宅で安静・静養に努め、回復を促す方が赤ちゃんの早い回復に繋がります

髄膜炎

髄膜炎に関しては、発熱して下がらない、高温が続く等の症状があったら再度、小児科受診をして下さい。

下痢

下痢に関しては、脱水症状・脱水に陥り、点滴治療を行う必要がある時もあります。

水分補給は大切ですが、下痢している時は少量から飲ませて様子を見ます。

また、冷たすぎず・熱すぎず適度な温度のポカリスエット、イオン飲料を飲ませる事が重要です。

お茶や水も大切ですが、下痢によって電解質がなくなってしまします。

その為、電解質を補給してあげないと、脱水となり症状の悪化・回復遅延、疲労が増強する等、様々な合併症を起こしてしまいます。

経口補水療法

“経口補水療法”として、商品名「経口補水液 OS-1」はおオススメです。

小児科医をはじめ、沢山の医療従事者達に推奨されています。

これは、脱水症の子どもが上記の経口補水液を飲み、点滴治療をしなくて済んだのが89%という結果がありました。

これを元に多くの医療機関、子ども~老人にまで推奨され、実際に飲まれています。

点滴治療も優れていて効果も目に見えますが、赤ちゃんにとっては点滴自体も苦痛です。

柔らかいプラスチック状の針を血管内に留置するのは、身体から見たら“遺物”です。

動いて漏れたり、痛みを感じたりするという点滴の弱点もあり、その度に赤ちゃんは苦痛を生じます。

経口補水液で、点滴治療を実施せず済めば赤ちゃんにとっても、お母さん・家族にとっても嬉しい事と思います。

脱水状態以外にも発汗時や入浴後にも使用できます。汗かき発汗が多い赤ちゃんという特徴を踏まえて、備えておく事をお勧めします。

まとめ

目に見えないウイルスが、便に排泄される事で、便が感染源の手足口病です。

飛沫・経口感染するのと、赤ちゃんはオムツをしていてお世話される事でオムツ交換ができている為、感染源が拡散・拡大する傾向が強いのも特徴です。

手洗い・うがいや、手袋・マスク着用してオムツ交換したり、掃除したりして家族全員で徹底して赤ちゃんを守ってほしいと思います。

同時に、自分が感染したり媒介となったりしないようにするのも大切になってきます。

症状から母乳・ミルク摂取量の低下、脱水、活動力・活気の低下等、日常生活に変化も生じてきます。

便に関するもので忙しく手間暇もかかり、家族の協力が必要不可欠な状態にもなってきます。

家族全員が協力し合い、感染拡大の予防や治癒促進に向けて1つになって頑張っていただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です