意味がある赤ちゃんの奇声。4つの使い分けを理解しよう!

生まれて間もない赤ちゃんの泣き声は、産声から始まり、何かを伝える全ての手段において泣いたり、四肢を動かしたりして、自分の気持ち・状況を伝えます。

しかし、生後4~5ヵ月頃から(中には生後6~7ヵ月まで続く赤ちゃんもいます)泣き声ではなく、明らかに大声を出しているような、叫んでいる・裏声のような声を発するようになります。

これが、俗に奇声と言われており、正常で発達段階の過程で必ず通る道です。

奇声には、主に4つの意味があると言われています。1つずつ見ていきます。

奇声を楽しんでいる時

喃語よりも言葉(赤ちゃんの中での言葉の発達という意味)発達した時、聴力も発達し、生まれた時よりも周囲の音・赤ちゃん自ら発する言葉の音も、よく聞こえるようになっています。

同時に、周囲の音と自分の声を聞き分けられるようにもなって、それを楽しんでいる時もあります。

この聴力と言葉が発達した事で、大きな声を出すようになります。

自分で大きな声を出せるようになった、続けて長く声を延ばせるようになった、というのが楽しくて、嬉しいのでしょう。

また、奇声をあげている時に、お母さん・家族の人達が「そんな声も出るようになったのね」、「大きな声出して、何か楽しいの」等と言って、スキンシップを図ると、赤ちゃんは非常に満足感達成感受容されているという嬉しさが増します。

(これは、愛着形成を促進させて、母子間の絆、母子関係の良好にする効果があります。)

赤ちゃんによって「あーっ」、「わー」、「キー」、「キャー」等と様々ですが、個々によって奇声の長さ・強弱・回数・頻度が異なります。

興奮している時

例えば、何かに夢中になって遊んでいる時、自分の興味のある物・初めて見る物を触ったりいじったりして遊んでいる時等です。

嬉しくて興奮して、テンションが上がっている状態で、奇声以外に手や足を動かす事もあります。

また、大好きなお母さん・家族が奇声に反応して赤ちゃんの元へ行ったり、一緒に遊んだりすると、より奇声を上げたり笑ったりする事も多くあります。

また、褒めたり、一緒に軽く小さめな声で「わーっ」等と言ったりすると、よりテンションが上がる事もあります。

外出先のスーパー等で奇声がある場合、見た物で何かを思い・考え・感じ取って奇声が上がる、と言われています。

出先に限って、または出先の時に奇声が多いという場合は、外的刺激に対して、良い意味で感受性が高く想像力・思考力が高いと言われています。

逆に、出先で奇声を上げなくても異常ではありません。

赤ちゃんにも性格・好みや傾向があって、既に一人前の人間です。ひとりの個性として受け止め、大きな迷惑にならない限りは怒ってはいけません

奇声をあげた時、どんな状態でも怒るのは厳禁と言われています。

怒ると、赤ちゃんはビックリして泣くのが多いですが、怒り過ぎると“サイレントベビー”と言われる、泣いて伝える・教えるという行為をしなくなります。

これは、今後の成長過程において妨げとなり、母子健康(親子関係)が成立しない人間不信になる等と言われています。

そして、思春期や成人、場合によっては中年以降・壮年期になって、何か異常をきたす・問題を起こす可能性が高いと言われています。

必ずしも、上記の問題等を起こすとは限りませんが、臨床心理士が目につけるポイントとなっています。

断言ではなく予測ではありますが、大半の方が幼少時代、特に0~2・3歳時に何らかの逸脱(望ましい子育てを受けなかった)があった赤ちゃんに、その兆候が多く当てはまっていると言われています。

気分が優れない・機嫌が悪い時

疲れたり眠かったりする時に、奇声を上げる事があります。

大人で例えると、疲れてため息をつく、愚痴を言う等に当てはまる感覚です。

特に、1日の疲れが出やすい夕方に多い傾向があり特徴でもあります。

また、その背景には疲れ以外、夕方から徐々に暗くなってくる景色に、何となく不安や寂しさ怖さを感じるから泣く・ぐずる・奇声をあげると言われています。

赤ちゃんや乳幼児・学童期前半の子は、一般的に暗い場所を好まない傾向があり、暗い場所=怖い・不安と言われています。

怖いのと不安が同時に重なり、奇声を上げる事でお母さん・家族が反応して近くにいるという確認ができ、安心する為の意味合いももっています。

また、実際に体調が優れない・不快感があった時に、まだ上手く言葉にして伝えられない為に、そのもどかしさから奇声を上げる事もあります。

大人で例えると、ストレスを感じてカラオケに行って、大声を出してスッキリしたい・ストレス発散させたいというった感覚です。

そういう時は、優しい口調と言葉で話しかけ、同時に原因を探り対応していきます。

排泄面や食事面の事でなく、体調不良でもなければ、気分転換が一番有効です。

奇声を上げ始めたら、外に散歩に行く静かな音楽をかける絵本を読む一緒にTVやDVDを見る等して、気を紛らわすと同時に、お母さんも一緒に遊ぶ・接する事に徹底します。

いつの間にか、奇声を上げる事はなくなり、穏やかになったり落ち着いてきたりします。

自己主張・思いを聞いてほしい時

赤ちゃんでも、今は○○をしたくない、そんな気分ではない、もっと遊んでいたい、ずっと側に居て一緒に遊んで構ってほしい等、欲望が出てきます。

それでも、生活リズムは大切で、ある程度の時間になれば、遊びを切り上げて食事にしたり、お風呂に入ったりします。

そんな時、高い大きな声を上げて、赤ちゃんなりに自分は○○したい、と言わんばかりに奇声を上げます。

赤ちゃんにも、欲求や理想をもっていて、満たされると満足するのですが、満たされないと不満足となり、自己主張を始めます。

これは、成長過程で極当然の事で、いずれはこの思い・経験から、しつけが生まれ、しつけを実施していく事で学んでいきます。

そんな時は、「おもちゃも少し休憩ね、おもちゃもまた一緒に遊ぼうって言っているよ」、「お風呂から出たら、少し遊べるよ。待っていてね」、「ママが包丁でトントン終わったら、一緒に遊ぼうね」等と、今はけじめをつけて違う行動へ移さないといけない、という事を伝えます。

同時に、赤ちゃんの気持ちを受け止め、受け止めた上で、次もある、少し待ったら・経ったらまたできる、といった、プラン提供をすると、意外とスムーズに分かってくれる事があります。

この時、大切なのは、お母さんが言った事や約束を守る事です。

赤ちゃんでも、最初のうちはごまかしが利くのですが、月齢や日々の体験が進むにつれて、約束をしっかり覚えていきます。

約束をしたのに約束が実現しないと、赤ちゃんはお母さんを疑うようになります。

そして、次回、何か約束した時には、言葉が言えるようになって、「○○やるって言ったよね?」等と確認・問い詰める時がやってきます。

まだ、このように確認・問い詰めるのであれば、母子関係や親子の絆・信頼関係の破綻は軽症で修復可能ですが、何も言わず黙っている時は、危険信号が点滅しています。

この時、心の中では“約束しても、約束は果たしてもらえない。

何、言っても無駄だ”、“どうせ、今回も約束を守ってもらえないんだろうな・・・”

等と、悲しい結果になってしまいます。

忙しいお母さん・家族から見たら、「1人で遊べて良い子ね、成長したわ」、「お陰様で食事が作れた。何とか作れて間に合った」等と思っています。

ここで、目に見えない隙間・溝が発生してきます。

このようにならない為にも、約束はしっかり守る事が今後の親子関係で重要な事です。

赤ちゃんとのコミュニケーションを深めよう

娘が生後4ヵ月過ぎて、間もなく5ヵ月になる頃、奇声を上げました。

最初は大きな声にビックリしましたが、機嫌や声の調子もあったのか、何種類かの奇声に笑った事もありました。

奇声に悩まされた事は無く、むしろ一緒に笑っていたのが多かったです。

時に、大きな声で興奮気味に何度も何度も奇声を上げた時は、さすがに「シーだよ、シー」と言い聞かせていました。

娘の機嫌によっては、私の人差し指を口元に当て「シーだよ」と言っても逆に興奮して、より奇声が長くなった事もありました。

しかし、何度もジェスチャー付きの「シーだよ」を繰り返していたら、小さな声になりました。

この時は、思いっきり褒めて良い事・適した行動をとってくれた事を伝えると、最後に1回、喜んで大きな奇声を上げました

また、いつも行くスーパーで、物を見て何かが分かったらしく、奇声を上げました。

店員さんや他のお客さんが、微笑んで「元気で良いね、元気が一番よ」、「楽しそうね、何を見つけたの?あ、買ってもらったのかな?」等と声をかけられると、照れて私の後ろに隠れながらも、嬉しそうに喜んでいました。

きっと、自分に注目してもらえた、意識してもらえた、声をかけてもらえた等と、誇らしさを感じていたと考えています。

お母さん・家族としては、場所やその時の環境(外出先や図書館のような静かな場所等)によって、困ってしまう、恥ずかしくなってしまう事もあります。

しかし、奇声にも意味があり、まだ言葉が上手く話せない、赤ちゃんからのメッセージでもあります。

先ずはその奇声をよく聞き、何時か、赤ちゃんがどんな状態かを確認して、接する事が大切です。

奇声も言葉の1つで、コミュニケーションでもあります。

赤ちゃんともっとコミュニケーションを深めて、より良い関係・楽しい育児時間を送られてほしいと思います。

関連記事

>>赤ちゃんが話さない!?言葉の発達で気をつけるべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です