赤ちゃんは便秘をするの?もしかしたら病気のサイン?

赤ちゃんの便秘は見分けがつきにくいことを知っていますか?

便が出る間隔に個人差があるので、毎日出る赤ちゃんもいれば1週間に一度しか出ない赤ちゃんもいます。

基本的にはグズグズしていなくて機嫌がよければ心配はないようですが、いつもと違う様子が見られる場合には注意が必要です。

便秘だけではなく、赤ちゃんは体調が悪い時も声を出してお母さんに伝えることが出来ません。

娘や息子が『気持ち悪い』とか『お腹痛い』とかをきちんと伝えてくれるようになった時には、『赤ちゃんの時は大変だったのに、楽になったなぁ』と思ったことがありました。

赤ちゃんが泣き止まない時やずっとグズグズしてどうしようもない時は、もしかしたら体調が悪いのかも知れません。

私の息子は生まれてから数カ月は3日に1回のペースで排便していました。

しかしある日、突然ミルクを拒否し、一日中泣いて過ごした時がありました。

あやしてもしばらくすると泣き出し、夜までグズりっぱなし。

何が原因かも分からず、ミルクも飲んでくれないため急遽、夜間救急に行って診てもらうことにしました。

泣くのは治まったものの、便が4日出ていないことを伝えると、もしかしたら便秘が原因かもしれないとのことで、浣腸をして便を出すことになりました。

排便してスッキリしたのか帰ってきてからミルクも飲んでくれ、次の日はウソのように機嫌が良くなっていました。

赤ちゃんは泣いてしか訴えることができないので、変だな、と思ったら早目に小児科を受診しましょう。

病気に気づいてあげるのはとても難しい

便秘に関係することではありませんでしたが、娘の病気を見落としてしまったことがあります。

生後3週間目に咳をしはじめて『風邪なのかな?』と様子を見ていたら3日後に激しく嘔吐し、すぐに救急病院を受診しました。

咳が止まらない、痰がからんで息が苦しいとの理由からRSウィルスと百日咳の疑いがありそのまま3週間ほど入院しました。

退院後に出た検査の結果、百日咳であったことが分かりました。

特に初めての育児では、みんな『初心者お母さん』です。

なので私のように重病だったことに気づくのが遅くなってしまうこともあるかも知れません。

入院する時には『どうして入院ということになるまで気づいてあげられなかったのか』と自分を責めました。小児科の先生が『赤ちゃんの病気は分かりにくいので、今日連れてきてくれてよかったですよ』と声をかけてくれた時には号泣したくらいです。

便秘に関してもきっと、『そういえばしばらく出てないなぁ』くらいの疑問から始まると思います。

便秘になった時に疑わなければいけない病気がある事も少しだけ知っておくと、症状が重くなるまえに赤ちゃんに適切な対処をしてあげることが出来るかもしれません。

便秘ではなく、大腸の病気かも?

便秘なら専門家に指示を仰ぎ、家庭で対処してあげることが可能です。

しかし、便が出ないことが続くと嘔吐をすることもあります。

それが続くと脱水症状になってしまうこともあるので便秘であれば便を早く出してあげることが必要になります。浣腸についても、癖になるのではと心配になる人も多いようですが、あまり神経質になることはないようです。

大人と同じで赤ちゃんも便秘をしているときには苦しいのです。便秘を早く改善してあげられるといいですね。

また、先天性の大腸の病気というものがあるそうです。

私も娘や息子が便秘になった時に育児書を読んで知ったのですが、ヒルシュスプルング病鎖肛といったものがあるそうです。

昔はこれらの病気は発見しづらかったものの、今はレントゲンやエコー診断などで比較的早く発見でき、手術すれば治る可能性の高い病気だそうです。

しかしこれにお母さんが気づくという事はとても難しいことです。私が娘の百日咳を風邪と勘違いしてしまったように、便秘だと考えてしまうことでしょう。

産後の入院中に症状が出れば、産婦人科の医師や看護師さんが気づいてくれますが、何しろ『初心者お母さん』には知識がありません。

特に赤ちゃんの時に注意する病気など、大人にはあまり聞きなれない病気については本当に分からないことだらけなのです。

まとめ

お母さんは日ごろから赤ちゃんの排便の状態をしっかりと把握しておくことが大切です。

どんな色、柔らかさだったのか、お母さんが『あれ?』と小さな変化に気づいてあげることが赤ちゃんの病気が一日でも早く治り元気になることに繋がります。

いつもと違う様子が続くようでしたら小児科を受診するのが一番ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です