不妊治療を乗り越えた有名な4組の芸能人の体験談のまとめ

社会に大きく影響をあたえることのできる情報発信元であるテレビ。

そんな華やかな場所で活躍される芸能人のかたがた。

そんな明るいイメージの人たちでも陰ながら「不妊治療」を続け、そしてその「不妊治療」の実情を伝えてくれることは、テレビを見ているわたしたちにとても勇気をあたえてくれます。

とくに「芸能界」という仕事を続けながらの治療は時には私達一般人よりもつらいこともあるのではないでしょうか。

今は「ブログ」や「ツイッター」というネットワークが充実していることもあり「不妊治療」を経験した生の声を聞くことができるのでよい身近に感じられますね。

ではそんな芸能人で不妊治療をされた方々の体験談などを紹介していきます。

不妊治療を乗り越えた芸能人

5885103244_def7967b6f_o

芸能人の方が特別というわけではないですが、それでも有名な人(芸能人の方)が不妊治療を頑張っているということは、今は不妊治療を行なっている人たち方々にも凄く、励みになるのではないでしょうか?

私も不妊治療をしていた時は、やはり落ち込んでいた時があってそんな時に同じ境遇の方を見たりするとなんとなくですが、励みなっていました。

不妊はなんといってもストレスなどの精神的なことが原因になることがほとんどです。

芸能人の方でも不妊治療をしておられる方がたくさんいるんだということを、知るだけでも励みなるのでないでしょうか?是非参考してみてください。

鈴木おさむさん・大島美幸さん夫妻

 

とくに「不妊治療」という言葉を広めたのはこちらの夫婦の影響が一番大きいのではないでしょうか。

とくに交際0日婚からのとても幸せそうな夫婦生活のかいま見えるブログをよむと意外性に驚きます。

そして24時間テレビでの衝撃的なビデオ。

賛否両論ありましたが、「不妊治療」そして「流産」というリアルを社会に発信したのではないでしょうか。

鈴木おさむさんは検査の結果異常がありませんでしたが、大島美幸さんはもともと子宮筋腫があったため「不妊治療」ということになったようです。

さらに大島美幸さんは「芸能界」という仕事を一度休むという決断をしたところが印象深かったですね。

とくに「妊活」とよばれる「不妊治療」においてはいつまで休むのかということもわかりませんし

芸能界に復帰した場合に「妊娠をあきらめた」というイメージもつきかねません。

カミウングアウトするということは応援もされますが大きなプレッシャーとの戦いにもなります。

その戦いを選び、そして無事出産された大島みゆきさん。

父勉」として仕事を休まれている鈴木おさむさん。

ちなみにお子さんの名前は笑福君といいます。

落ち着いたらまた二人で復帰してまた皆を笑顔にしてくれることでしょう。

「タネナシ」ダイヤモンド・ユカイさん

男性不妊として「不妊治療」を受けていたと告白されたロック歌手のダイヤモンド・ユカイさん。

最初の結婚相手である三浦理恵子さんとの間にも妊娠はなかったようですが、この結婚生活中は男性不妊であることはわからなかったようです。

関連記事⇨不妊の原因は本当に女性だけ?男性にも知ってほしい対策とは

「ファミリーになりたい」

との価値観で再婚されたのが今の奥様でたんぽぽのようなイメージの方だそうです。

その奥さんもファミリーとして妊娠を望んだので付き添う形でダイヤモンド・ユカイさんも病院へ行きました。

そして「不妊治療」を始める前の検査は男性も行うことが原則であるがゆえ、検査してみると無精子症であると医師からつげられたそうです。

ロックンローラーという男の象徴でもある仕事をしていることから考えても本当にショッキングな言葉だったのでしょう。

しばらく声がでなくなったそうです。

そして「不妊治療」となったのですが、失敗が続き精神的にも限界がきて離婚話にもすすんでしまい。

ラストチャンスとしてセカンドオピニオンに行ったところが男性不妊の第一人者の病院、そしてそこで妊娠することができました。

あきらめないこと。

それを「タネナシ」という本でも強くおしえてくれます。

今は3人のお父さんで、男として父としての生き様をかっこよくつらぬいてほしいです。

海外でも。女優のニコール・キッドマンさん

あの世界的有名女優のニコール・キッドマンさんも実は「不妊治療」をカミングアウトされているんです。

2度結婚されているのですが、最初の結婚相手はあの俳優のトム・クルーズさんというビッグ・カップルでの結婚でした。

ニコール・キッドマンさんが「不妊治療」をしている中でうつ病をわずらったことで不仲になり、二人の養子をむかえたのですが、関係は改善することなく離婚してしまったようです。

関連記事⇨子育てにも影響する?うつ病の母親が気をつけたいこと

関連記事⇨うつ病になる母親の原因は産後?主な理由とは

「不妊治療」というのは夫婦共同でなかむつまじく見えますが、本当は喧嘩をしたり涙を流したりの連続で、二人の愛の結晶をもとめているはずが、二人が違う方向に向いてしまって結果残念なことになることも多いです。

ニコール・キッドマンさんは再婚されてなんとそのお相手と自然妊娠そして出産をされています。

「不妊治療」は世界中でたくさんの研究がされているのでどんどん進歩していってくれると嬉しいですね。

太田光さん・太田光代さん夫妻

芸能界でのおしどり夫婦といえば太田さん夫妻ですね。

子どもっぽく自由なイメージの太田光さんと、芸能事務所の社長という強くてサバサバしている光代さん。

テレビで見る印象とはまた違った関係性があるようです。

太田光代さんは「排卵障害

太田光さんは「乏精子症

であったために排卵誘発剤をもちいて投薬治療をしたそうですが

体にあわず、さらにストレスによる激痩せ。

それによる体調悪化という不のループに陥ってしまったようです。

それでもあきらめずに顕微授精までいくのですが結果としては受精されなかったようです。

しかし光代さんご自身のツイッターで

「医学の進歩は人間の進歩」

とし、不妊治療のステップアップへの挑戦を強く発信しています。

まとめ

このように芸能人の方でもたくさん不妊治療をして、不妊に悩んでいる方がたくさんいます。

「不妊治療」をしている芸能人のかたがたの心強いメッセージをうけとって前向きに治療をすすめていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です