不妊治療ってどれくらい費用がかかる?受診などの相場と平均

不妊治療というのはとてもお金がかかってきますよね。

治療していくうえで、思った以上に費用がかかってしまい、なくなく治療を諦めなければならなくなるということもあります。

治療内容により費用も違いますので、まだ病院に行ったことのないかたなど想像もつかないのではないでしょうか。

基本的に不妊治療というもおのは健康保険がきかないものが多いです。

ステップアップするほど保険適応外になってくるので計画的に治療していく必要があります。
ですので、不妊治療における平均的な費用と相場をお教えしますね。

いざ受診、費用はどれくらい?

pregnant-735393_640

初めて受診するときは不安ですよね。

お金のことなので問い合わせしづらいなんてかたも多いのではないでしょうか。

不妊治療の初診においての費用ですが、一般的には5000円から10000円が平均的な相場だと考えて頂いていいです。

専門病院も場合は初診はカウンセリングだけで終わる場合もありますので、その場合はだいたい4000円くらいにになります。5000円を超えることはないでしょう。

不妊治療に必要なもの

不妊治療をはじめるときに間違いなく必要になってくるもののうちに「基礎体温表」があります。

なるべくスムーズに話をはじめるためにも、受診する前に最低でも2ヶ月以上の周期を記録してから提出するとドクターも円滑に治療をはじめることができます。

初診から検査する場合ですと、「超音波検査」「血液検査」が一般的です。

その場合ですとだいたいそれそれが3000円ほどなので合計して10000円程度の相場になってきます。

初診での検査はほとんどが保険適応になってきますので、これ以上かかることはまずないと思って安心してくださいね。

不妊治療の方法と費用の相場

不妊治療は基本的に、初診を終えてドクターと話をしてみて少し治療の中身が見えてきます。

初診の場合はほとんどが保険適応だとお伝えしましたが、ここから治療をすすめていくのですが、不妊治療というのはまったく期間がよめませんよね。

平均的には二年間で100万円だと言われています。

年齢が若い方などでしたらタイミング療法をすすめられると思います。

タイミング方法が一番安い相場の治療になり、平均的には一回のお会計でいうと2000円ほどでおさまります。

もちろん男性も検査をうけることになります。

市などで保険適応で行っている場合もありますが、平均的には病院にて8000円くらいになります。

そこからタイミングをとるだけでは難しい場合は、薬や漢方などの注射もしくは処方箋がでるようになってきます。

私の場合は多嚢胞性卵巣であることがわかっていたので、排卵誘発剤とタイミング療法でした。

こちらも保険適応ではありますが、平均的には5000円が相場とありますが

私の場合は漢方なども一緒に処方してもらっていたこともあり、一度のお会計で10000円超えることもありましたので

少しお財布に余裕をもっておくといいでしょう。

ステップアップと高額治療

不妊治療というのは確率の問題になってきます。

とくに原因がはっきりしない場合などは、早めのステップアップが妊娠確率があがり、そして最終的な費用が安くすむとされています。

ドクターによってステップアップのタイミングは違いますので、ご夫婦の方針を伝えながら決めていくといいですね。

人工授精とは採取した精子を子宮内に注入する方法になり、保険適応の範囲はありますが、注入には適応されません。

ですので費用に差はでますが、平均的には10000円から20000円くらいが相場になってきます。

そして体外受精・顕微受精です。

体外受精・顕微受精

体外受精とは受精させた卵を直接着床です。

こちらは診察から着床させるところまですべての治療に保険がききません。

そして顕微授精になるとさらに金額もあがります。

体外受精の平均的な相場は30万円ほど。

顕微授精の平均的な相場は50万円ほどになってきます。

ただ、このくらい高額になってくると医療費控除や特定不妊治療費助成制度が使えるようにもなってきますので

お住まいの市町村に問い合わせて、保険を活用することでだいぶ費用をおさえることができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

不妊治療をうけていくと様々なお金の壁とむきあうことになります。

「体外受精なんて高額な治療はむりよ・・・」

と思っている方も多いと思います。

私も20代で治療をはじめてからそう思っていました。

しかし、私の場合は治療をすすめていくうえで

「卵管の片方がつまっている」

ということがわかったので、先生に

「タイミング療法でだめだった場合はステップをひとつ飛ばして体外受精になります」

と言われました。

桁の違う治療をうけることは勇気がいります。

もっと早いうちに心の準備をしてお金をためておけば良かったと反省しました。

もちろん平均的な費用をもとにご夫婦の予算とてらしあわせてライフプランを考えておくことが一番大切になってきます。

不妊治療においての保険など、平均的な費用を知っておくことで選択肢の幅も広がってきます。

予算と相場をうまく合わせながら治療していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です