葉酸を摂るべき時期はいつ?絶対知っておきたい4つのこと

ビタミンB群の仲間である葉酸。最近は色々な所で「妊婦には重要」と聞きますね。

現在進行形で妊娠している方は、お腹の赤ちゃんのためにできることはなんでもしてあげたいですし、妊活中の方は、いいことなら是非取り入れたい、と考えてらっしゃるかと思います。

でも、なんだかよくわからないものを流行りだからと言って受け入れるにはちょっと…、と、ためらっている方も多いでしょう。

では、一体葉酸にはどんな働きがあって、どうして妊婦が摂らなければいけないのか、4つのポイントにまとめてみました。

葉酸の摂取は大切な赤ちゃんにできることの第一歩

子どもが生まれたら、素敵なお洋服を着せてあげたい、一緒に音楽やスポーツを楽しみたい…子どもを望む多くの人が、男女を問わずそんな将来を思い描きますよね。

特にお腹を痛めて実際に出産する女性は、何よりも元気で生まれてきてくれることを願って、十月十日大切に過ごされることと思います。

そんな思いをまずはじめに行動として出来ることが、葉酸をしっかりと摂取することと言えます。

なぜなら、葉酸は、細胞が新しく作られるのに不可欠な栄養素だからです。

葉酸はビタミンM、ビタミンB9とも呼ばれ、ビタミンは細胞が新しく作られたり、修復するのを助ける働きがあり、葉酸もその1つです。

特に葉酸は、不足するとDNAの生合成に支障を来すといわれ、そのことで赤血球障害悪性貧血の引き金になることがあります。

また、葉酸を充分に摂取するすることが、二分脊椎の発症リスクを低下させるということがわかっています。

妊娠前から充分に摂取する

二分脊椎は背骨の病気で、無脳症や、下半身に運動障害や、膀胱直腸障害を引き起こすことがあります。

胎子期に発生する病気ですが、その時期というのが脳や脊髄の元となる細胞が作られる妊娠6週までと、非常に早い段階なのです。

そのため、妊娠がわかってから摂取するのでは、どうしても遅くなってしまいます。

残念ながら、現代の日本人の中でこの障害の発生率が、ジリジリと上がってきていることがわかっているのです。

その原因の1つに慢性的な野菜不足が挙げられ、積極的に野菜を食べる習慣が減っていることで、葉酸を摂取する機会までもが減ってしまっているのです。

二分脊椎の発生リスクを低下させるためには、妊娠前から、充分に葉酸を摂取する必要があることを知る必要がありますが、国内での周知はあまり進んでいません。

母子健康手帳には記載がありますが、妊娠を確認してから受け取っているケースが多いため、妊娠前の葉酸摂取を推奨することには繋がりません。

もちろん、妊娠がわかってからも葉酸は重要な栄養素です。

赤ちゃんが生まれてからも、お母さんのおっぱいで成長するのですから、お母さんはしっかりと葉酸を含めた様々な栄養素を摂取する必要があります。

関連記事

>>葉酸は妊婦に効果あり?守りたい、我が子の3つの未来

葉酸で貧血も防ごう

葉酸は、ビタミンB12と一緒に赤血球が生まれるのを助けているため、造血ビタミンとも呼ばれている栄養素です。

貧血に悩んでいる女性も多いですが、普段はちょっとフラついたりしても少し休めばなんとかなります、という方もいるかと思います。

しかし、妊娠すると赤ちゃんを育てるために通常よりたくさんの血液を必要とし、多い時には妊娠していない状態に加え、40パーセント以上も必要と言われています。

そもそも、貧血とは血液中のヘモグロビンの値が正常より下がり、酸素を運ぶ働きが低下している状態のことです。

そんな状態が続けば、お母さんも疲れやすく気分も優れなくなりますし、赤ちゃんの成長にも関わってきます。

妊娠を望むのであれば、貧血のままでいることは、いいわけがありません

妊娠してから、妊婦健診をしっかり受けていれば、2回程度貧血検査があり、数値が良くなければ、鉄剤の処方などもありますが、つわりが強ければ服薬も難しいことも。

何より、妊娠中には身体が大きく変化しますし、気持ちが落ち込むこともあります。

体調は良いに越したことはないので、妊娠する前から意識的に必要な栄養素を摂るようにしたいですね。

関連記事

>>葉酸の副作用?お母さんと赤ちゃんのための栄養のこと

>>妊娠の検査の費用は?しっかり確認したい出産4つの費用

>>摂取上限はあるの?葉酸にまつわる4つの基本

>>葉酸のメリット・デメリット。今さら聞けない4つの基本

野菜や卵、サプリメントも有効

葉酸は、赤ちゃんの成長にとても影響のある栄養素としてだけではなく、どんな人も健やかに生活を送る上で大事な栄養素です。

その名の通り、緑黄色野菜に多く含まれているほか、納豆など色々な食品に含まれています。

また、レバーにも多く含まれているので取り入れやすい食材ですが、ビタミンAも含まれていますので、妊娠中は過剰摂取に注意しましょう。

多くの食品に含まれている葉酸ですが、水溶性のビタミンで熱に弱く、保存状態や調理法によって体内で吸収される量が減ってしまいます。

一般的に、厚生労働省が推奨している摂取するべき量の葉酸を食事から摂取することは難しいと言われています。

そこで、サプリメントを上手に使いながら葉酸を取り入れることもオススメの方法です。

葉酸のサプリメントは、タブレットやドリンク、紅茶に配合してあるものや、強化米として葉酸が配合してあるものなど多種多様です。

一般的なドラッグストアなどでも手に入りますので、ご自身に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です