一緒に赤ちゃんとのお散歩のお出かけはいつ?練習方法を紹介

楽しみにしていた育児ライフ。

これからの赤ちゃんと一緒のお出かけを、楽しみにされてきたママも多いのではないでしょうか。

でも、いつ頃から赤ちゃんとお外に出ても、大丈夫なんでしょう?

お外に出る前の準備について、書き出してみました。

赤ちゃんとの散歩でお出かけの前に

よく小さな赤ちゃんを外へ連れ回すのはよくない、と耳にしますね。

また出産後、退院前に「産後1ヶ月くらいはなるべくお出かけを控えて、少しずつ赤ちゃんをお腹の外の環境に慣らしてあげください」と説明を聞いた方が、たくさんいらっしゃると思います。

これは、産まれて間もない赤ちゃんの体には免疫がなく、周りの新しい環境にもまだ慣れていないから。

免疫は、ママの母乳から少しずつ赤ちゃんの体にできてくるものなので、準備が出来るまでに時間が必要なんです。

また、首の据わっていない赤ちゃんを抱っこしての外出は、母子ともに負担が大きいのも理由の一つ。

新生児頃から使える抱っこ紐、スリングもありますが、ある程度首がすわるくらいになるまでは、歩くたびに不安定さを感じ、小さな体が少し揺れてしまうだけでも心配になってしまいます。

でも、この外出禁止令(とまでは言いませんが)は、赤ちゃんの体の心配だけじゃなくて、ママの体調も考えてのことじゃないかな?と今は思えるんです。

ママだって大変な思いで出産を経験し疲労困憊…産後は待ったなしで赤ちゃんのお世話。

食事を取る暇も寝る暇もないくらいのバタバタした日々が続き、知らず知らずに無理をしてしまい、体調を崩してしまうかも知れません。

産後はママも体を癒す時期なので、赤ちゃんと一緒にまずはゆっくりと過ごしてみては?という、隠れた優しさがあるように私は感じます。

昔から産後床上げ1ヶ月、無理すると肥立ちが悪くなる、という言葉があります。

出産後は目まぐるしい日々が続きますが、母親になる為に頑張った自分の体を労わる時期でもある、ということを忘れず、無理はしないように心掛けましょう!

まずはお散歩の練習をしよう!

ママの体調も良くなり、赤ちゃんも元気で体もしっかりしてきた!となったら、お散歩の練習を始めましょう。

最初はお部屋の窓辺での外気浴、ベランダやお庭など、なるだけお顔への直射日光は避けて、赤ちゃんを外の環境に少しずつ慣らしていきましょう。

お部屋の中とは違う太陽の光や風、車の音などに赤ちゃんがビックリしてしまうかもしれません。

なので最初は5分、次はもう少し長く…といった感じで、様子を見ながら少しずつ外の環境に慣らせてあげてくださいね。

短い時間ですが、徐々に外に出ることでママもリフレッシュできると思いますよ!

関連記事

>>赤ちゃんの日光浴の時間はどれくらい?得られる5つの効果とは

いよいよお外に出発っ!

少しずつ外の様子にも慣れてきた頃、いよいよお散歩に出かけてみましょう。

最初はお家の周りなど近いところから。途中で泣き出してしまっても、すぐ帰れるくらいが安心ですね。

様子を見ながら少しずつ時間を延ばしてみてください。

外の環境にも慣れ、少し遠くまでお散歩するようになると、家を出る前の事前準備も大切になってきます。

赤ちゃん連れでの外出は、時間が長くなるほど何が起こるか分かりません。

日頃から、お買い物の際など、自宅周辺の授乳スペース多目的トイレなど確認しておくと、ぐずってしまった時の休憩場所となり、安心してお出かけすることができると思います。

また、お気に入りのおもちゃをいくつか持っていくと、ぐずってしまった時にご機嫌を直すきっかけとなってくれます。

散歩で泣いてしまう原因

お散歩の途中で赤ちゃんが泣き出してしまいました。

オムツかな?ミルクかな?と考えますが、違うとなるとママも困ってしまいますね。

そんな時は、いつもと違うことはないか比べてみてください。

  • お天気はどうだったか?
  • お散歩に出た時間帯は?
  • 暑い?寒い?汗はかいてない?
  • 授乳時間の間隔はどれくらい?

赤ちゃんは小さな変化にも気づき、反応して泣いてしまいます

外の環境にまだ慣れていないうちは、似たような状況で外出してあげると、安心してくれるかも知れません。

また、たくさん話しかけてみたり、歌を歌ってみたりなど、ママの声が聞こえるとぴたっと泣き止む赤ちゃんも多いようです。

赤ちゃんにとってママが一番安心できる場所です。

いっぱい抱っこして声をかけながら、楽しいお散歩タイム、たくさんの思い出をを作ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です