パタニティブルー?子育て中の父親に知っておいてほしいこと

”マタニティブルー”と言う言葉は今では一般にひろく知れ渡っており、産後すぐの母親や、小さい赤ちゃんを抱えた母親の心の問題、うつ病なども珍しいことではないという認識が徐々に広がってきているように思います。

 

ですが、父親はどうでしょうか?男性のうつ病は大分昔から取り立たされるようになっていましたが、どちらかというと仕事や更年期を、定年を迎えるなど、もう少し年齢が上がってからの印象があると思います。

 

でも、女性と同じように、新しく家族を迎えたばかりの父親にも、心の変化があることがあるのです。今回は新米パパとなったばかりの父親の変化についてお話したいと思います。

父親のうつ”パタニティブルー”とは

family-714242_640

マタニティブルーの父親版と言えるのが”パタニティブルー”です。マタニティブルーと同じように、新米パパになったばかりの父親が、元気がない・食欲がない・やる気がでない・落ち込む・不安・疲労感が常にある、などのうつ症状をもった状態になることを言います。

 

 

マタニティブルーの程度に差はあるものの、約半数程度の産後のお母さんが経験することにくらべ、パタニティブルーは全体の10%と少な目ではありますが、やはり同じように赤ちゃんが生まれたあとに、うつ症状を訴える父親がいるということがわかってきてます。

 

妻の妊娠中に一緒につわりを経験するという父親がいることは、今では世間的に知れ渡っているように思います。

 

芸能人の方でもそういう方がいらっしゃいましたね。でも、パタニティブルーについてはまだ知らない人が多いのではないでしょうか。

 

 

その理由としてはやはり、妊娠するのも出産するのも母親で体の変化があるのは母親です。生まれたばかりの赤ちゃんの御世話のメインはやはり母親が多いという家庭もあるでしょう。

 

 

また母親の体・心・環境の変化のほうがやはり大きいので、父親に焦点があたることが少ないですし、生むわけではないのだから何もないはずと一般的な思い込みがあるのかもしれません。

 

私も夫にそういった変化がある可能性があるとは全く思っていませんでした。

パタニティブルーになる理由にはどんなものがある?

冷静に考えてみると”新生児が来る”ということは家族全体にとって大きな変化です。命がけの出産に挑むお母さんと子供の焦点があたりがちですが、父親にとっても大きな変化はあるものです。

1.生活環境の変化

初めての子どもの場合それはとても大きなものです。夫婦だけのときは身軽ですし、時間の融通だった簡単に利きます。

 

しかし新生児がいるとそうは行きません。3時間おきの授乳に加えて、沐浴やそれに伴う家事の増加します。

 

新生児を連れての外出は基本的にできませんから、買い物も大変です。朝も夜もなく泣くので、母親だけでなく父親もやはり寝不足になりがちになります。

 

母親は産後の回復と子供の世話だけで大変ですから、家事にはそう手が回らなくなります。疲れて帰宅してきた夫をねぎらう余裕がないことが多いでしょう。私も全くありませんでした。自分と赤ちゃんのことで本当に手一杯でした。

 

自由に色々とできた生活から、制限が沢山ある生活への変化に戸惑う父親は少なくないのではないかと思います。

 

母親のほうは子育てをしなければいけないという覚悟があるので、妊娠中から徐々に変化していくために、こういった環境の変化にもっとスムーズに慣れることができるというのはあるかもしれませんね。

2.夫婦の対話の減少、それが原因でのすれ違い

これは結構多いように思います。赤ちゃんの両親であっても、母親と父親ではやはり感じ方、捉え方、考え方、が異なることは当然あるものです。

 

母親にしてみれば、産後で体が大変、赤ちゃんの世話で大変、寝不足で大変、家事が大変、もう大変すぎて色々と気が回らないことを察して欲しいと常に思っています。

 

だかこそ父親には気づいたらいちいち言われなくても手伝って欲しいとおもってしまいます。私もそんな気持ちがあったことを記憶しています。

 

人間ですから体がしんどいときに常に優しくいることは難しいことです。しかし父親は生活の変化はありますが体の変化はありません。

 

寝室を別にしたり、仕事で朝から夜まで家にいないという父親には正直、母親の疲労や大変さや生活の変化が見えないこともあるでしょう。

 

父親のほうがやはり、本当に意味で「父親」になるのに時間がかかることが多いように思います。それは仕方ありません。

 

妊娠したわけではありませんし、自分自身の体に変化があるわけではないので、母親ほどすんなり状況に順応することができないことはあるでしょう。

 

でもその温度差こそがパタニティブルーへの危険信号だと私は感じています。疲れていると会話が減り、自分や相手の思いや考え、悩みなどを話す・聞くことが億劫となるなど、やはりコミュニケーションが減っていってしまうことは自身の経験からも周りの状況を見ていてもよくあることです。

 

そこで誤解が生まれるとすれ違いがおこり、必要以上にストレスがかかり、人によってはそれがきっかけでパタニティブルーになることもあるでしょう。

3.育児休暇はとる?仕事とのバランス。

日本ではまだまだ少ないと思いますが、育児休暇を取る父親も出てきてはいます。海外では一般的になってきていても、日本ではまだ実際の状況として難しい、取りたくても取れない、というのが本当のところだと思います。

 

 

海外で生活をしてみるとわかりますが、日本は一度会社に就職するとそこで退職まで勤め上げる人が諸外国に比べて多いように思います。

 

そこで経験と実績をつみ、昇進を目指すのが一般的な考えです。転職することはリスキーであったり、給与面で下がってしまったりと考える人が多いです。

 

もちろんそうでない転職もありますが、諸外国に比べて転職に対して抵抗がある印象が強いです。

 

それと同様に女性でもそうですが、育児休暇を取ることで将来の昇進に関わる不安や同期が休まずどんどん出世をしていくのに対して、「自分は・・・」という不安がでてきます。

 

そういった思いからなかなか育児休暇を取ることができない父親は多いのではないでしょうか。

 

ただ、考え方が変わってきているのは確かで、子供の成長を全く見れずに働くことへの疑問を持つ若い世代の父親というのも増えてきています。

 

思い切って育児休暇をとった同僚が羨ましいとか、妻のキャリアを支えたいが自分のキャリアも心配だとか、そういうジレンマでストレスを溜める人もいるでしょう。

 

そういう焦り、不安、ストレス、もうつを発症する原因の一つになることがあります。難しい問題ですが、夫婦、会社、家族とよく話し合い、自分の人生にとって何が一番大事か?今は何をすべきか?を皆で考えていけたらいいですね。

まとめ

パタニティブルーやうつ病になってしまう父親が増えたのは、家族の形が変わってきて、父親が以前よりも育児に参加するようになったことも一つです。悪いことではないんですけど。

 

やはりここでも大事なのは、マタニティブルー同様にしっかりとコミュニケーションを取ることが大事です。

 

自分一人で抱え込まず、産後の母親をいたわる気持ちは忘れずに、自分の思いや立場を話し、一緒に考えていける環境・関係を常に作っていく努力はとても大事ですね。

 

では今回は父親も子育て中に気をつけたい についてでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です