感謝と願い、幸せを祈って行う赤ちゃんのひな祭りを徹底解説

ひな祭りの伝統は古くからあり、時代と共に変化したものもあります。

しかし、赤ちゃんが今日この日まで育ってきた事に対する感謝と、これからも健やかに幸せに育ってほしいという願いを込めて、各家庭に合った(桃の節句時の赤ちゃんの月齢に合わせた料理・衣装・プレゼント)やり方で行われているのは、変わっていません。

そこで、受け継がれてきた伝統のやり方や、今現代、行われているやり方・衣装・料理・プレゼントを書いていきます。

ひな祭りの料理

古くから言い伝わる伝統的なお祝い料理として、はまぐりのお吸い物菱餅ひなあられ白酒ちらし寿司があります。

これらには、春の訪れが伝わる旬の食材を使われていたり、お祝い・邪気を祓う意味がある食材・色だったりと、その1つ1つ全てに深い意味があります。

一般的な料理メニュー

主流で定番となっているひな祭りのメニューと、一部のメニューに関しては、伝統や意味がある為、その内容を添えてご紹介します。

はまぐりのお吸い物

ひな祭りは、水辺に関係している為、海の幸を備える儀式がありました。

また、はまぐりは二枚貝で、この二枚貝は対の貝殻しか絶対に合わない事から、貞操を象徴して何事にも相性の良い結婚相手と結ばれる事仲睦まじく過ごせる事一生、1人の人と添い遂げられるように、と願ってはまぐりが適している・縁起物であるとされています。

盛り付けの際は、開いた貝の両側のそれぞれ身を乗せて(1つの貝に2つ分の身を乗せる)、将来の幸せを祈っていただくのが定番にもなっています。

菱餅

初めは古代中国で、母子が健やかである事を願い母子草のお餅を食べていました。

それが、日本でよもぎ餅となり、江戸時代には菱を入れた白い餅となって白が加わり、明治時代にはクチナシをいれた赤い餅が加わって3色となりました。

この3食が定番となり、健やかな子に育ってほしいという願いが込められています。

また、その3色には2通りの意味合いがあると言われて代々、伝えられています。

1通り目の「桃色(赤色)」には、赤いクチナシの実には“解毒作用”があり、赤色は“魔除け”の効果があるとされています。

「白色」には、血圧を下げるひしの実が入り、“子孫繁栄・長寿・純潔”を願っているとされています。

「緑色」には、強い香りで“厄除け効果”があるよもぎ餅を、縁起が良い物とされ、“健やかな成長”を願っています。

2通り目は、3色を重ねる順番で、“春の情景を表現”されているものと言われています。

下から順番に、「緑・白・桃色」で、“緑は大地・白は雪・ピンクは桃”を意味していると伝えられており、“雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”とされています。

双方共に、ひな祭りの色として定着しており、菱餅の形状は“心臓”を表していると言われている地域もあるようです。

この場合、心臓をずっと拍動させる=赤ちゃんの長寿と、災厄を除いてほしいという気持ちが込められています。

ひなあられ

餅に砂糖を絡めて炒ったもので、ひな祭りの代表的な和菓子の1つで、ピンク緑・白・桃・黄の4色で、四季を表していると言われています。

デンプンが多く健康に良い事から、「1年中、娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

白酒

元々は、桃の花びらを浸けた「桃花酒」と言うものが飲まれていたと伝えられており、桃は邪気を祓い気力や体力の充実をもたらす事で、薬酒の1つとして中国から伝えられました。

江戸時代からは、みりんに蒸した米や麹を混ぜて、1ヵ月程熟成させた「白酒」の方が、親しまれるようになりました。

白酒はアルコール度数が10%前後のお酒で、大人しか飲めないので、子どもにはノンアルコールの「甘酒」が勧められており、この場合、赤ちゃんが今よりも成長されて大きくなった時に飲むものです。

また、甘酒には2種類あり、酒粕を使ったものはアルコールを含みますが、ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせて作ったもの(一夜酒)は、アルコール度数1%未満なので小さな子どもでも安心とされています。

その他

下記は、赤ちゃんが食べにくい・食べられないもので、省かれるのが多いです。

ひな祭りの時に、赤ちゃんの月齢が個々で違っている(生後間もない赤ちゃんもいれば、生後10ヵ月で離乳食中等)ということもあります。

また、生もので避けた方が望ましい、揚げ物は消化時間を要する事や胃に負担をかけやすい事からメニューとしてテーブルに出しても、赤ちゃん的には見た目で終わる事も多いです。

この場合、料理を作ってテーブルに並べても、親や親族が食べてお祝いしています。

また、離乳食中の場合、その月齢に合った調理法で作り、盛り付けをお祝い用に華やかにする等、工夫されて赤ちゃんに食べさせるご家庭も増えています。

  • ケーキ
  • 菜の花のお浸し
  • 天ぷら
  • 尾頭付きの鯛塩焼き
  • 梅酒(食事前の食事酒として)
  • 桜湯
  • お刺身

春の祝い膳メニュー

旬のものとして用いられる、春の祝い膳メニューを参考までに載せておきます。

  • 桜湯
  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • お刺身(ホタテ・マグロ・鯛・サーモン・イカ)
  • 小鯛の塩焼き
  • 天ぷら(エビ・蓮根・タラの芽・大葉・カボチャ)
  • 小鉢(わかめと分葱、コハダまたはアサリのぬた)
  • 菜の花のおひたし
  • きゅうりとわかめの酢の物
  • 茶碗蒸し(椎茸・鶏肉・三つ葉・銀杏・ゆりね)
  • 果物(苺・でこぽん)
  • 桜餅または春の和菓子
  • ケーキ(ひな祭り用)
  • 赤飯(手土産用)

衣装

親が好みの物を買って準備している場合や、祖父母が着物を作って贈る場合があるようです。

各家庭の考え方によっても、着物を着る・着ない、月齢が小さいから来年に着物を着せる等と様々なようです。

着物を着せる場合、レンタルより通信販売等で買った方が安く、物によっては1~2歳頃まで着られる、というメリットがあるようです。

また、この着物で初節句以外、誕生日・お正月ひな祭りやお祝い席・パーティーにも活躍できます。

着物の例として、ベビー被布(重ね襟付き着物・被布コートまたは被布スカート)セットベビーお雛様・十二単風衣装ベビー袴セット1歳児被布セット(着物・被布コート)等があります。

ひな祭りの時に、赤ちゃんが生まれたばかりの場合は、ベビー肌着の作り形状で寝ている状態でも装着できる着物もあるようです。

また、1歳の誕生日と後程くる、ひな祭りに備えて、1歳の被布セットを購入しておき、その際に着物を初めて着せる家庭もあるようです。

月齢の小さい赤ちゃんでも、紐を通すだけで簡単装着がほとんどで、且つ、肩幅や着物の丈を伸ばす事で、80~90cm・1~2歳まで着られる着物作りになっている商品もあるようです。

この辺が人気の秘訣で、あえて通信販売で購入し、長く使えて着られる機会を多く設けたい、と希望する親が多いようです。

プレゼント

親から子へ、祖父母から孫へ等、赤ちゃんを取り巻く家族から人気が多いプレゼントとして以下が多いようです。

  • 絵本
  • 積み木等のおもちゃ
  • 雛人形
  • 着物
  • フラワーアレンジメント
  • お菓子、ケーキ

また、通信教育の商品1年分を祖父母が立て替えて会員登録し、送り先は赤ちゃんが居る家・アパートへ申し込むパターンも増加しているようです。

この背景には、英語教育が必要な事、おもちゃやDVD・絵本がセットになって毎月、教材が届く魅力がある事で選ばれる方も年々、増えているようです。

ひな祭りのスケジュール

各家庭の都合・状況によっても異なりますが、赤ちゃんを含む親子3人で行ったり、親族が来て大勢でパーティーのように行ったり、義父母と親子の5人等、様々です。

人数や、赤ちゃんの月齢によっても大きく異なってきますが、食事会をして、お茶・デザートをして、写真撮影をして終わるのが一般的に多いとされています。

父方・母方の実家・親族には、写真を送ったり、直接、訪問に来た時には手土産として赤飯を持たせたりする事もあるようです。

娘の幸せや長寿、厄除けを願って

ひな祭り前後(2月下旬~3月上旬に長期出張)に、主人の出張が入ると聞いており、ケーキ予約はしないで、休日に作る事に決めていました。

結果として、3月3日にはできず、主人が休みで居る日曜日に手作りのケーキを作って、この日の為に買った新しいおもちゃとお祝いしました。

私側の実家からは、2月上旬にお祝いにと多額な現金(雛人形を買う分と、雑費としてのお金)と、洋服が贈られてきました。

主人側の実家からは何も無かったです(恥ずかしい話しですが・・・)。

娘は離乳食中で、偏食・食べむら・好き嫌いがあって、手作りのケーキも少ししか食べられず、ひな祭りと言うよりは、何も変わらない平凡な毎日といった雰囲気でした。

私の両親から貰ったお金で、雛人形を買って飾り、華やかな雰囲気があったのは良かったです。

今年も雛人形を飾って、行きつけのスーパーで、ひな祭り商品を注文してお祝いする予定でいます。

内容としては、娘に合わせてポテトや惣菜の盛り合わせと、ひな祭り用ケーキ(今年はチョコレートケーキ)を注文します。

本当は、ちらし寿司セットか、お寿司セットを注文したいのですが、娘が一口も食べないのでポテト・惣菜セットにしました。

もう少し成長して、今よりも色々な物を食べられるようになったら、ちらし寿司やひなあられを買って、食べさせたいし一緒に食べたいとも思っています。

幸せ長寿厄除けを願う伝統あるひな祭り。

各家庭に合ったやり方で、赤ちゃん(娘さん)のお祝いを盛大に行って、楽しい時間を過ごされてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です