赤ちゃんの便秘解消に効果がある砂糖水の作り方とは?

子育てをしていて、悩んでしまう赤ちゃんの問題の一つによくあげられるのが便秘だと思います。

 

大人でも便秘になればお腹が張ったり、体調が悪くなったりとツライ思いをします。大人でも大変な便秘が赤ちゃんが大変じゃないわけはありません。

 

できれば早く便秘を解消してあげたいと思うのが親ですよね?そんな赤ちゃんの便秘に効果があると言われているのが「砂糖水」です。

 

私も何度か試しましたが、実際に砂糖水で便秘を解消したことがあったのでオススメです。

 

そこで今回は赤ちゃんの便秘解消に効果がある砂糖水の作り方などについて書いていきます。

赤ちゃんが便秘をする原因

baby-215303_640

産まれてから数カ月の赤ちゃんは、お母さんがいなければ何もできません。寝返りを覚えるまでは手足をバタバタする程度です。

 

腸の発達も未熟だったり、運動が足りないことで赤ちゃんが便秘を起こすことがあります。

 

お腹の調子が悪いと、赤ちゃんはうんちが出るまでずっとグズグズしっぱなしで、お母さんも参ってしまいます。

 

赤ちゃんのうんちも、柔らかかったり硬かったりと、赤ちゃんによってうんちが出るペースも様々です。

 

そのために「何日出ていないから便秘」と明確な基準がないため、どんな時にどんな対応が必要なのかを見極めるのがとても難しいです。

 

私達の子どもの兄弟でも全く違いました。娘は生後すぐから、うんちを1日に3回くらいする便秘知らずの「快便」な赤ちゃんでした。

 

しかし息子は3日に1回でればいいかな?といったペースだったので、娘と比べると便秘体質のように始めは思いましたが、特にグズグズすることもなかったので、それが息子のペースだったのではないかと思います。

 

実際、息子に便秘を疑ったのは一週間もまともにうんちをせずにお腹が張ってきた時でした。

 

うんちも硬くて出づらく、排便時には肛門から出血してしまったことがあったので、そうなる前に赤ちゃんには便秘の対処してあげたいものです

便秘に砂糖水がいい理由は?

赤ちゃんの便秘には砂糖水がいい!」という話を聞いたことがありますか?私は自分の母親から教えてもらいました。昔からの対処法らしいです。

 

実際に何故砂糖水が赤ちゃんの便秘に効果があるのかを母に理由を聞いても、納得のいく理由は返ってきませんでした。「昔からそうなのよ〜」といった感じです。

 

でも実は砂糖水が便秘に聞くという理由はちゃんとあるのです。

 

砂糖水に含まれている糖分は、お腹の中のうんちを柔らかくします。うんちが柔らかくなることで、まだまだ発達途中の赤ちゃんの腸でもうんちが出しやすくなります。

 

砂糖水は糖分と水分が同時にとれるので便秘改善に効果があるということです。砂糖と水なので、お薬に抵抗があるお母さんも安心ですね。

 

余談ですが、砂糖水の濃さもどれくらいか聞いたところ、きちんとした数値は教えてもらうことが出来ませんでしたが、「だいたいこれくらい」と教えてもらった甘さは、小児科等で推薦されている濃さとほぼ同じでした。お母さん(娘たちからみたらおばあちゃん)の知恵は本当にすごいなぁと感心してしまいました。

赤ちゃんへの砂糖水の作り方は?

赤ちゃんの便秘解消のために作る砂糖水ですが、一般的には5%くらいの砂糖水がいいと言われています。

 

甘さとしては、舐めた時に「すこーし甘いのかな?」と感じるくらいです。濃すぎると今度は効きすぎて下痢をしてしまうなど逆効果を与えてしまうそうです。

 

先程書いた「おばあちゃんの知恵」に頼るのもいいかも知れませんが、濃さや一回の摂取量は専門家に指示を仰ぐのが一番です

 

飲ませすぎも良くありません。赤ちゃんの様子に合わせて少しずつ与えることが必要です。

 

母乳のみあげているお母さんは飲ませ方が分からないといったこともあるかもしれません。

 

私は子供たちがミルクを一切受け付けなかったため、哺乳瓶の使い方が全く分かりませんでした。

 

子供たちも哺乳瓶に口を付けることも嫌がってしまい、どうしようかと思いましたが、スプーンや、薬局でもらったお薬を与える時に使用するスポイトなどを使って少しずつ口に入れてあげました。

砂糖水以外にはオリゴ糖なども効果的

砂糖水の他にも、赤ちゃんの便秘に効くとされているものはあります。

 

離乳食が始まっていれば、大人と同じく食物繊維の多く含まれている食品を食べやすくして摂取すればいいのですが、まだ母乳やミルクのみの赤ちゃんにはそれが出来ません。

 

一般によく知られているものとして、腸内環境をよくしてくれるオリゴ糖などを摂取させることで、赤ちゃんの便秘解消に効果があると言われています。

 

オリゴ糖は赤ちゃんだけではなく、大人が摂取しても腸内環境をよくしてくれるので、赤ちゃんと一緒に便秘気味の母親がオリゴ糖を摂取していたら、いつの間にか便秘が解消していたなんてこともあるみたいです。

 

薬を使えばすぐに、赤ちゃんの便秘が解消されるかもしれませんが、薬を使いたくない母親ももたくさんいるでしょう。

 

薬に抵抗がある母親は、そういったものを試してみるのもいいかも知れません。それでも心配な時は小児科などで適切な指示を仰ぐようにしましょう。

 

便秘になってしまう赤ちゃんは可哀想ですが、赤ちゃん一人ではなにもすることができません。赤ちゃんが便秘になった時は、しっかりした対応がして親が責任をもって解消してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です