赤ちゃんが話さない!?言葉の発達で気をつけるべきこと

泣くことしかできなかった赤ちゃんが、喃語をスタートさせると本当に嬉しいし、かわいいです。

 

赤ちゃんがお母さんの顔を見ながら「あー」や「うー」で話しかけてくれると、いままでとはまた違った毎日が始まるような気がします。

 

赤ちゃんは日常の生活で、お母さんやお父さんと接する中できちんとコミュニケーションを取れるようになっていきます。

 

「言葉」をしっかりと覚えていくのです。意味がなく発しているように感じる喃語も少しずつ変化をしていきます。

赤ちゃんの言葉

baby-794046_640

母子手帳の成長チェック欄にも言葉に関する質問があります。

 

私の住んでいる街の母子手帳には6〜7か月頃の成長記録欄に、『家族と一緒にいるとき、話しかけるような声をだしますか?』というチェック内容がありました。

 

その質問は1歳6カ月頃のページでは『ママ、ブーブーなど意味のあることばをいくつか話しますか?』になっていました。

 

成長には個人差があるという事を頭では理解していますが、どうしても気になってしまうものです。

 

同じ月齢の赤ちゃんが『ママ』なんて言っているのを聞いてしまうと、『うちの子はまだかな?』と焦ってしまいがちです。

 

同じ両親が育てていても、娘と息子の話し始める時期は全く違いました。

 

個人差はもちろん、生活環境なども関係してくるので、あまり焦らずにゆっくりしっかりと赤ちゃんとのコミュニケーションをとってあげましょう。

言葉の発達は赤ちゃんそれぞれ

つい最近まで私が直面していた問題がまさに、息子の「言葉」の発達です。娘はおしゃべりを始めるのが早い赤ちゃんでした。

 

1歳になる前には2語を話していましたし、意思の疎通もできていました。母子手帳の月齢ごとのチェック欄もすべて『はい』で答えられるくらいすべて順調に育ったように思います。

 

しかし息子は違いました。喃語はすぐに出ましたが、『あー』や『うー』を発してもそれを繰り返すことがあまりありませんでした。

 

娘は早い時期から『あーあーあー』などと、私に話しかけているような様子だったので『遅いな〜』とは早い段階から思っていました。

 

1歳半になっても『ブーブー』などという単語が出なかったので心配をして、保健師さんへ相談に行きました。

 

耳は聴こえていて問題はないのになぜ話をしないのかと毎日考えていました。

 

よく『男の子言葉を話すのは遅い』という話を聞きますが、2歳前になって言葉を発することがなかったので、私もそんな風には考えられず『どこか異常があるのかも』と悩むようになりました。

 

しばらく専門家に相談をしながら様子を見て過ごしました。2歳半くらいにようやく2語くっつけて『ワンワン きた』や『ブーブー のる』などと話すようになりました。

 

話し始めたことで専門家に問題ないと言ってもらってようやく『こっちが話していることは100%理解してるから、言葉を発するのが少し遅いだけなんだな』と、息子がたくさん話をするようになるまで大きな気持ちで待とうというように考えられるようになりました。

 

1人で考えているより、小児科を受診したり、市や街の子育て支援等を利用するなどして話を聞いてもらいましょう。

 

赤ちゃんの言葉の発達は生活環境も関わる

どうして話さないのかそこにはいろんな理由があるそうです。耳の問題、心の問題などを抱えている赤ちゃんもいます。

 

お母さんの不安をよそに、『話をするのが好きではない赤ちゃん』や中には『面倒くさいなと感じている赤ちゃん』もいるようです。

 

うちの息子も『面倒臭い』と考えているのかも知れません。なぜなら息子には、面倒見のとても良い(言い換えればとてもおせっかいな)2つ上の姉がいるからです。

 

まるで通訳のように『お茶飲みたいって!』『お腹すいたって!』と私に伝えてくれています。

 

それが本当に息子の望むことかどうかは別として、息子は『自分で伝えなくても大丈夫』な生活をしているようです。

 

子供の成長に関してお母さんは悩みがちですが、意外と『心配して損した〜』という事が多そうですね。

 

まとめ

赤ちゃんの言葉の発達は、早い赤ちゃんもいれば遅い赤ちゃんもいます。私の家では娘が早くて息子が遅かったように、本当に違います。

 

しかし、逆に親が焦ってしまってもなにも解決しません。赤ちゃんだって言葉を話したいはずです。

 

本当に心配であれば一度かかりつけのお医者さんに相談するのもいいですし、少し様子を見てもいいと思います。

 

私の周りの友達の子どもも言葉の発達が遅い子がいました。でも、少し経ってからその子どもにあったときにしっかりと言葉を発していたので、少し遅れただけなんだということがわかりました。

 

心配になるはわかります。でもあまり神経質になって親が焦っても、それで赤ちゃんの言葉が発達するかというとそれは難しいです。

 

中には周りの赤ちゃんと比べる人もいますが、比べるのではなく少し長い目でみるのも大事なことなのかなと思います。

 

では少し参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です