赤ちゃんの体温計に種類ってあるの?それぞれの測り方について

体温計は生まれたばかりの赤ちゃんの健康管理のために毎日使いますし、抵抗力が身についてない赤ちゃんはすぐ熱を出すため、やはり体温計はマストアイテムです。

でも種類も金額的にも結構幅がありますよね。何秒で測れる。耳で測る、おでこで測る。で

もそんな数秒だけで実際きちんと計れているのかとか不思議な部分もあります。

特に赤ちゃんには必要不可欠な体温計ですが、結構なお値段がするものがほとんどなので、今回はそんな気になる体温計についてお話しします。

体温計の実測式と予測式

thermometer for body

実は体温計も実測式予測式というものにわかれていて、それぞれの体温計で測り方が少し違います。

今まではしっかりと体温を計測するのであれば、実測式を使うことが普通でしたが、今では実測式も予測式もそこまで数値は変わらなくなってきました。

ではどんな違いがあるのでしょうか?

実測式

実測式は、水銀体温計と電子体温計の一部が実測式で「これ以上測ってても数値は上がらないよ」というものです

という所まで測る必要があるのでワキで測る時は10分、口の中で測る場合は5分程度かかってしまいます。

正確ではありますが、じっとしてられない赤ちゃんや子供にはこの実測式体温計はあまりおすすめしません。

予測式

予測式は、測定時間を実測式よりも短くするために開発された体温計です。

大量の人の体温上昇データを統計的に集めて、沢山の人の体温の上がり方などのデータを集めて参考にして、「最初に測った体温から10分後にはどのくらいの体温になっているか」を予測出来るようになった体温計です。

種類によっては何十秒で測れる物もあります。

赤ちゃんや子供の場合はこの予測式体温計がオススメです。

ちなみに先程もいいましたが、最近では実測式と予測式との誤差は少ないみたいですよ。

実測式にしても予測式にしても、きちんとした計測位置で測らないと意味がないのできちんとした計測位置で熱を測りましょう。

様々な体温計の種類

ほとんどの方がこのわきで体温を測る体温計を使っていると思います。

しかし、今はそれ以外にも

  • 耳で測る体温計
  • おでこで測る体温計
  • 曲がるタイプの体温計

これらの体温計があります。

耳で測る体温計

耳式体温計は体温計の先端を耳の穴に差し込んで数秒で体温が測れるという体温計です。

なぜ耳で測れるかというと、赤外線センサーが鼓膜の熱を感知して測ることが出来るんです。

ただし、測る時の正確な位置や角度で体温が変わってきてしまうのが難点です。

おでこで測る体温計

おでこで測るタイプは赤ちゃん専用の体温計で、おでこに1秒タッチするだけであっという間に体温が測れるものです。

私は使ったことがないですが、一瞬で測ることができるらしいです。

曲がるタイプの体温計

曲がるタイプの体温計は、先端の検温部ががクニャっと曲がるのできちんと体温を測るための正しい脇下位置に当てる事が出来るので便利です。

しかも比較的正確に測れます。

どれが良いの?

赤ちゃんに使う体温計はどれがいいのか。

これは一概には言えませんが、しいて言えば一般の小児科で赤ちゃんの体温測ってください。と言われて渡されるのは普通の棒状の体温計です。

小児科で使っているという事は間違いがないという事なのではないでしょうか。

赤ちゃんがいて小児科に行かない人や、赤ちゃんの体温を測る事をしない人なんていないと思うので、いざという時の為に普段から普通の体温計を使っておく必要があるのではないでしょうか。

それぞれの正しい体温の測り方

耳で測るタイプの体温計の正しい体温の測り方は、耳に体温計をしっかりと入れるのですが、この時鼓膜の方に向けて出来るだけ深く差し込む事を意識してください

それからスタートボタンを押して、体温計と頭が動かないようにすることが大切。

おでこで測るタイプの赤ちゃん用体温計の正しい測り方は、電源を入れておでこの中央部にピッタリと当てるだけです。計測時は頭が動かないよう注意してください。

曲がるタイプの普通の形の体温計の正しい体温の測り方は、脇の汗をしっかりと拭いておく事、赤ちゃんが泣くと汗もかいてしまう事と、赤ちゃんが泣くと熱が体にこもりやすいので出来れば機嫌がいい時に測ってください。

実測式予測式の体温計の正しい測り方は、赤ちゃんの脇の下のくぼみの深い所(くぼみ)を確認して、体温計の先端を脇の深い所に押し上げる感じで差し込んでその後しっかりとはさむ。

一度体温を測った直後は測る事を避けて次に測るまでには1分以上開けないといけません。

どの体温計も食事後や入浴後は体温が上がるため30分以上はあけてから測るようにしてください。

平熱の測り方と発熱時に病院に行くか判断基準

赤ちゃんの平熱を知るためには起き抜け、昼食前、夕食前、夜の一定時間を数日に渡って正しい測り方で測って平均値を計算して出します。

赤ちゃんの本当の平熱を知る事で、発熱した時の熱の高さが赤ちゃんにとってかなり高いのかどうかの目安になります。

発熱時の病院

発熱時に病院に行くか判断基準にもなる正しい体温測定ですが、では発熱したらすぐに病院へ連れて行くべきなのかという事ですが、これは少し難しいです。

元々持病を持っている赤ちゃんと、生後3か月まで赤ちゃんの場合は別として、熱が少しくらい高くても元気に遊べていて食欲があって、比較的に機嫌も良くて眠る事が出来ている場合は急いで病院に行かずに少し様子を見ていて大丈夫です。

この状態で急いで病院に連れて行った時には、赤ちゃんが熱で若干弱っている所に他の赤ちゃんのウイルス性の病気をオマケに貰ってしまいかねないので、マスクを着用させるなどの注意が必要です。

発熱があっても無くても、機嫌が悪く、吐いて、下痢している場合などはすぐに病院へ連れて行ってください。

まとめ

体温計がどんな形でどれほど良い物でも、きちんとした測り方を覚えて実行しなければ無駄なものになってしまうので、きちんとした測り方を覚えることが大事です。

今は昔と違って体温計もいろいろな物があるので、実際に使って合うものを使っていくというのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です