赤ちゃんが百日咳になってしまう原因と3つの症状の特徴とは

百日ぜきの名前の由来は、まだ疾患名がなく初めて出現した病態の時、診察した小児科医が“100日、続く長い咳”という事から、この疾患名が付きました。

罹患した場合の実際は、病態の特徴から100日以上、続く赤ちゃんが多く、生活スタイル全面で悩まされています。

しかし、ワクチンで予防が可能な疾患でもあります。

ココではそんな赤ちゃんの百日ぜきの原因や症状の特徴、予防方法などを説明していきます。

百日ぜきとは

file000467066207

百日ぜきは細菌感染症の1つで、“百日ぜき菌”の飛沫感染で発症します。

強い感染力で、上気道より侵入し、患者から容易に感染する状態です。

免疫力が少ない・弱い赤ちゃんによって、飛沫・上気道感染は厄介な病原体となります。

百日ぜきの基本的には潜伏期は、1~2週間です。

百日ぜきの症状

・カタル期

・痙咳期

・回復期

3つの段階があり、その全過程は1ヵ月半~2ヵ月と長期です。また、発症から2~3週間は“排菌”の可能性がり、感染力はカタル期が最も強いです。

下記に順番を追って、1つずつ書いていきます。

カタル期

・風邪のような症状が1~2週間ほど続きます。(風邪は基本的に長くても1週間前後)

・主症状となるのは、鼻水と眼脂です。

・全過程中で、この時期が一番、感染力があります。

 

痙咳期

・連続性で短い発作性の咳が出ます。

・息を吸う暇がない為、顔面紅潮、顔面の点状出血、眼瞼浮腫、眼球結膜の出血が現れます。

・短い咳の後、急に息を吸うので、笛声の咳嗽発作が繰り返されます。

・発作時以外は、全く正常な状態です。

・乳児の場合、無呼吸発作や痙攣を起こす場合もあります。

・4週間程で発作は次第に軽快しますが、2ヵ月くらい症状は残ります。

回復期

・発作症状は減少します。

・この期間に風邪に罹患すると、再び痙咳発作が出現する場合もあります。

百日ぜきによる合併症

百日ぜきによる百日ぜきには肺炎を伴う場合があります。

カタル期の時期から丁寧に観察を行い、症状の増悪・新たな症状出現がないかを十分に観察する必要があります。

咳の発作がメインで、その随伴症状があり、そこに気を取られてしましますが、体熱感や発熱、著明な倦怠感等があった場合、再度、小児科の受診をお勧めします。

肺炎を合併すると、とても過酷な状態となってしまいます。早期の診断・治療が有効で、回復力に繋がっていきます。

百日ぜきの注意点と対処法

では次には百日ぜきになったときの対処法を紹介していきます。

上記の3つの症状別に分けて紹介してくので、参考にしてみくだささい

カタル期の注意点と対処法

主症状の鼻水・眼脂、その他の風邪症状からの二次感染を起こさないよう全身の清潔に努めます。状況が酷い時を避け、比較的、身体・機嫌が良い状態の時に入浴を実施します。

赤ちゃんによって、生活サイクル・時間が決まっている場合は、状況に応じ臨機応変に対応します。

入浴

例えば「普段19時頃に入浴するから、今日も19時頃に入浴する」のではなく、食事の直前・後を避けて且つ心身の状態が比較的、良い時間帯に実施します。

入浴は保清の中で一番、衛生面が優れており、爽快感・気分転換、触れ合い時間も極めて優れています。この為、風邪症状・事態の中でいかに確実に入浴し、清潔が保たれるかが重要となります。

入浴が困難な場合、シャワーのみでも効果があります。

「赤ちゃんの疲れや症状が辛そうだから…」

と中止するのではなく、1日に1回は入浴又はシャワーを実施するという事を念頭に置いていただきたいと思います。

清潔を保つ事で、気分的にも快適になり、汚れによる皮膚トラブルがなくなります。

また、湯煙・湿気が咳を鎮めたり、痰を出しやすくしたりする効果もある為、非常に手短且つ有効なケアです。

痙咳期の注意点と対処法

発作が出現したら、安全を守る為、可能な限り近くにいる事が基本となります。特に月齢の小さい赤ちゃんの場合、発作が誘因となって無呼吸発作痙攣が生じる事があります。それをいち早く気づく為にも、側にいる事が大切です。

家事

ずっと側で看病したいですが、最低限の家事をしなくてはいけません。その時は、移動可能な小さなベッド兼ソファー状態になる商品(テーブル付きの椅子にもなる商品もあります)の使用がお勧めします。

キャスター付きなので、家事中は近くに連れて来て時々、様子を見ながら家事が可能です。同時に赤ちゃんも精神的に弱り疲労・衰弱が激しいので恐怖・心細さの減少、力になります。

このベッド兼ソファーは、上体を起こしたり、寝た状態のままスライドが可能で揺らしたりする事も可能です。あやす時には揺らしながら声をかけたり、発作時は上体を起こして少しでも呼吸がしやすくなるよう・できるように促したりする事も可能です。

上記のような物がなければ、赤ちゃんがいる部屋・ベッドの近くで家事を行います。調理の際は、少し離れて赤ちゃんが手を伸ばしても包丁が当たったりしないように気をつけます。鍋を持っていき材料を入れる操作も可能ですし、下ごしらえが進みます。

この時、注意点は匂いが強く刺激がある食材は避けた方が無難です。その刺激から、咳が誘発するかもしれないからです。

洗濯物をたたむ際は、静かに丁寧にたたんでも多少なりとも、作業中の埃や風があります。発作時・中は極微量たりものでも避けて、発作を起こさない・少なくさせる事に努める事が最優先となります。

この為、洗濯物をたたむ時は、隣の部屋で行います。赤ちゃんが泣いて訴えても、側に持って行きたたまないようにします。そして、終わった後、沢山抱っこしてあげます。

食べ物

また赤ちゃんは咳によって吐く時があるので、満腹に食べさせない事がお勧めです。離乳食を開始されている赤ちゃんは、1回量を少なくし、状態が落ち着いている時に少量の食事・おやつを与えると吐く回数が減ります。

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、量の制限ができないので、赤ちゃんに任せますが、ある程度の時間が経ったり、お母さんの感覚・感触で乳首を離したりします。

同時に母乳開始前に、

「いっぺんに飲まないで、少しずつね」

「また後で飲もうね」

伝えておくと理解・協力が促されます。

ミルク

ミルクの場合は、1回量を少なく作って与えます。欲しがる様子があった場合は、母乳同様に「また、作って飲もうね」と声をかけます。

赤ちゃんはいつもと違う状況に侵され、その為に“母乳・ミルク、離乳食までも変わってしまった”と受け取ります。

しかし、吐く辛さを考慮した上での事を務めるお母さんの様子を徐々に察知していきます。この為、丁寧に細かく・分かりやすい言葉で且つ沢山の声かけが大切です。

また、声かえは励みにもなり、母子関係を良好に築く過程にもなります。

換気

発作の誘因とならない為に、十分な換気を実施し新鮮な空気を保ちます。

また、適度な温度・湿度を保ち、冷気・寒暖差を避け、発作の誘因とならないように努めます。

発作がない時は正常で、罹患前の普段通りの生活ですが、興奮する遊びは刺激となる為、刺激が少ない・最小限の遊びをするよう仕向ける必要があります。

回復期の注意点と対処法

経過が長く、発作時の体力消耗が激しい為、離乳食中の赤ちゃんの場合、栄養バランスの良い食事を与えます。また、疲労回復に備えビタミンの補給も大切です。

完全母乳育児中の場合、栄養を強化する目的で一時的にミルクを与えるのも効果が得られます。ミルクは使用せず、母乳だけとこだわりがあるお母さんや、ミルクを飲めなかった赤ちゃんは無理やり飲ませる事はないです。

その場合は、月齢にもよりますが、可能であれば乳児規定の100%ジュース野菜ジュースの摂取をお勧めします。砂糖不使用で、野菜と果物の果糖で安心です。

また、ビタミンβカロチン等も手軽に摂れたり、気分転換を図れたりできます。同時に水分摂取も可能になるという利点があります。

外遊び

発病後、4週間過ぎていれば感染力がなくなるので、他の赤ちゃんや乳幼児と接触しなければ、外遊びも可能になります。

また、多少の咳であれば、外出も可能となります。ここで、注意したいのが風邪に罹患すると再度、咳の発作が出現してしまう事です。

この為、他の人との接触を断つ事が前提での遊びは可能となります。遊んだ後は手洗いし、可能であれば口腔内ケアを行います。

百日ぜきの予防法

百日ぜきワクチン接種が有効で、我が国では三種混合ワクチン(ジフテリア・百日ぜき・破傷風)の接種が実施されています。

ワクチン接種によって、ほぼ百日ぜきで苦しむ赤ちゃんは激減したと言われています。

この為、赤ちゃんの状態が良い時、忘れないで必ずワクチン接種をされて下さい。

咳は非常に苦しく、息をつく暇もない百日ぜきは心身の疲労・恐怖感は計り知れないものです。

また、同時に体力消耗、倦怠感・脱力感も伴い、1つの疾患から実に多くの症状を伴ってしまします。

昔は罹患が多かった疾患ですが、ワクチン接種で罹患しないのが増えました。

注射時は痛いのと怖い・びっくりした等で赤ちゃんは大泣きします。しかし、百日ぜきの辛さを思ったら注射は一瞬であり、効能が得られ安心が保たれます。

個人的には、母子共に百日ぜきに罹患した事はありませんが、私が咳をこじらし薬が合わなく体力消耗の他に心労、仕事が順調にできない・周囲から近寄らないで目線を受け、多方面で影響を生じました。

同時に薬の副作用で手指が震え、字が書けない・書きたくない状態にも陥りました。字体は、まるでミミズが丸まったようなもので、読むのに難解といったレベルでした。

症状は2週間近く要し、合った薬で完治しましたが、とても辛く職業柄、偏見を受けました。

咳は外見でも分かり、聞こえるものでもある為、身体面と精神面の同時ケアが大切と考えています。

対称が赤ちゃんですから、この何十倍も辛いのかと思うと想像が難しいです。ただひたすら一生懸命、看病して見守り、少しでも回復を促す事、風邪を罹患しないよう努める事しかできません。

まとめ

お母さんが連れて行ってくれて、ワクチン接種する事が優しさでもあり務めです。

赤ちゃんは未発達ゆえに、免疫力・体力が成人より少ないですが、それを守れるのもお母さん・家族、ワクチン接種です。

生後2ヵ月を過ぎた頃から、ワクチン接種を意識して、赤ちゃんの状態が良い時に必ず接種されて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です