赤ちゃんがうるさいは当然?親がイライラする前に考えるべきこと

いけないとは分かっていても、母親は赤ちゃんに『うるさい』と思ってしまったり口走ってしまうことがあると思います。

 

私の娘と息子はもう赤ちゃんではありませんが、毎日のように『うるさい!』と怒っています。そんな娘・息子に比べたら他の赤ちゃんの泣き声やグズグズは本当に可愛いものです。

 

でもそれは子育て中の私だから、赤ちゃんだった頃の子供たちを思い出して、懐かしくなったりすることからかわいいと思うのかも知れません。

 

そこで今回は赤ちゃんがうるさいときにイライラしてしまう原因や、親が周りに対して考えるべきことについて書いていきます。

 赤ちゃん=うるさい?

file5061249447173

実際に私も母親の気持ちが分からない独身時代は、泣いている赤ちゃんを見た時に『何とかならないのかな?』と思ったことがありました。

 

しかしまだしゃべれない赤ちゃんにとって、泣いたりしてうるさくすることは意思表示です。でも公共の場で泣かれた時は母親は泣き止ませるのに必死になります。

 

赤ちゃんの気持ちを理解してあげようなんて余裕はありません。周りの目が気になってしまい『泣き止んで、うるさくしないで。。』と必死です。

 

そんな赤ちゃんとお母さんに『うるさい』なんて思っていた独身時代の私はなんて嫌なヤツだ!と今は思いますが、やはり世の中なので”赤ちゃん=うるさい”と思う方はやっぱりまだまだたくさんいます。

 

もちろん、親である私たちも『赤ちゃんなんだから仕方ない』とか『赤ちゃんは泣くのが仕事』なんて逆に開き直ってしまうことはよくありません。素直に『迷惑をかけてしまってすみません』、という気持ちをもつことも大切です。

うるさい赤ちゃんはどうしたらいいの?

とくに公共の場において、赤ちゃんの泣き声は『うるさい』と思われてしまうことがあります。様々な人たちがいる場所では、やはり赤ちゃんの泣き声というのは目立つので、うるさいと思われてしまうことも仕方ありません。

 

しかし、だからといって赤ちゃんを『泣かせておくことが当然』ではないのです。泣かないように母親が赤ちゃんに出来ることがたくさんあります。

 

これは私が気を付けていたことですが、バス・電車に乗る時やレストランに入る前にはおしりが気持ち悪くならないようにおむつをチェックしました。

 

おむつ替えシートが付いている化粧室がなかなか見つからないなど面倒な時もありますが、でも泣く原因を一つ取り除いておくことによって赤ちゃんがイライラして泣いてしまう原因が減ります。

 

また泣いてしまった時のために、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃやお菓子・飲み物を用意しておきました。

 

その他にもどこへ行くにも時間を十分に取り時間に余裕を持つことや、どうしても泣きやまずにうるさい場合はその場から離れるということもしました。

 

娘が赤ちゃんの頃、どうしてもレストランが好きではなかったらしく何か食べようとすると大泣きをしていました。

 

主人と交代でお店の外に出てあやしていたので主人も私も1人で流し込むように食べていたのを思い出しました。

 

泣きそうな赤ちゃん、泣いている赤ちゃんに対して『最善を尽くす』というのは親がやるというのは当然のことです。

迷惑をかけてしまっているという気持ちが大切

グズっている赤ちゃんや泣き声に対して『うるさい』と思っている人もいます。決して母親が悪いわけではないのです。

 

赤ちゃんは泣いて意思表示をしています。でも、やっぱり『お騒がせしてすみません』という気持ちは周りにきちんと伝えるべきです。

 

私が悪いわけじゃないのにと思っても、『すみません』という気持ちを伝えましょう。気持ちと言葉がイコールでなくてもいいと思います。

 

うるさい』と言われたことや思われたことに対して母親が『仕方がないでしょ!私だって頑張ってるのに!』と思うことは悪いことではないと思います。でも自分の赤ちゃんです。周りの人の赤ちゃんではありません。

 

そう思ってしまうと余計に自分自身も周りに対して『イライラ』してしまうようになります。そうすると結局周りは赤ちゃんや子どもに対して理解してくれないだと、勝手に思うようになってしまいます。

 

だからこそ一言『すみません』という気持ちを伝えると、中には『大丈夫だよ!仕方ないよ!気にしないで!』と温かい言葉をかけてくれる人も少なくありません。

 

うるさいと感じている人は、赤ちゃんに対して怒っているのではなくその親の態度に怒っているのかも知れません。

 

泣き止まない時は母親は本当につらくて長い時間ですが、迷惑をかけてしまっているという気持ちを、父親や母親が持っていれば、赤ちゃんの泣き声がうるさいモノから少し違ったモノになるかも知れません。

まとめ

本当に赤ちゃんはいつイライラして泣くかわかりません。10分前は凄く機嫌が良かったのに、すぐに機嫌が悪くなって大泣きしてしまうなんてことは頻繁にあります。

 

しかし、それがあたりまだと思ってくれる人も中にはいますが、そう思ってくれない人も人間なのでいます。

 

赤ちゃんや子どもがいる人ならある程度は我慢できるでしょう。しかし今まで赤ちゃんや子どもの子育ての経験をしたことのない人に理解してと思っても中々難しいです。それは経験がないからです。

 

私も赤ちゃんや子どもの子育ての経験があるからいえますが、経験がなかったら未だに『うるさい』と思っていたかもしれません。

 

なので赤ちゃんが泣いていて周りに迷惑をかけそうなら、素直に謝るということも大事です。それが親だと私は思います。

 

一番いけないのは周りから『赤ちゃんがうるさい』と言われて、親がイライラしてしまうことです。周りにイライラしても意味がありません。

 

申し訳ない気持ちがあればわかってくれる人はたくさんいます。 その気持ちは常日頃から持つようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です