『赤ちゃんポスト』設立の理由と賛否両論の意見と取り巻く声

みなさんは『赤ちゃんポスト』『こうのとりのゆりかご』という施設をご存知ですか?

名前だけ聞くと、少し違和感を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、数年前にも全国的なニュースとなった事から、耳にした事がある方も多いかと思います。

世間でも賛否両論ある『赤ちゃんポスト』。

なぜ、このような場所が作られたのか、その背景と現在の状況をまとめました。

赤ちゃんポストができた理由

image

赤ちゃんポストとは、何らかの理由で赤ちゃんを育てることが出来ない親が、匿名で赤ちゃんを預け、特別養子縁組ができる施設の名称です。

熊本県にある産婦人科を、併設している医療法人聖粒会 慈恵病院に、平成19年に作られた施設では『こうのとりのゆりかご』という呼び名で運営されており、国内では唯一の施設です。

こちらの慈恵病院は、カトリックの信仰に基づいて運営されており、『こうのとりのゆりかご』もちいさな命を守りたいという医師の皆さんの想いからうまれました。

世間には、赤ちゃんポストということばが先行して広まっているように感じますが、実際に調べてみると、こうのとりのゆりかごでは、まず、子どもを産み育てることに悩み、不安を感じている親御さんの相談相手となり、一緒に問題解決することを大切にされています。

施設に子どもを預けるのは、悩み抜いた末の最終手段であり、赤ちゃんが生きるための最後の砦なのです。

また、設立にあたって病院理事長の蓮田太二氏は、“どうしても赤ちゃんを育てられないと悩む女性が、最終的な問題解決として赤ちゃんを預ける所があれば、母子共に救われると考え開設した”とおっしゃっています。

悩み抜いた結果、ここに預けることを選択するというその重さを、しっかり認識しないといけないと感じました。

こうのとりのゆりかごの取り組み

こうのとりのゆりかごでは、大きく分けて2つの取り組みをされています。

出産育児に不安を感じている親からの相談対応

妊娠・出産・育児に関わる母親、またはその家族が抱える問題の相談場所として、24時間対応の電話とメールでの相談窓口『SOS 赤ちゃんとお母さんの妊娠相談』を開設しています。

相談内容からも、電話での相談を嫌がる方が多いのでしょう、しっかり配慮されています。

『SOS 赤ちゃんとお母さんの妊娠相談』

赤ちゃんポストの管理

どうしても相談窓口を利用することが出来ない、赤ちゃんを育てることが出来ない親から、匿名で赤ちゃんを預かります。

赤ちゃんポストを開けると、中には保育器があり、その中へ赤ちゃんが入れられ扉が閉まると、施設スタッフが駆けつけ保護されます。

保護された赤ちゃんは、病院で検診を受けた後、何もなければ児童相談所へ連絡、その後乳児院へ預けられるそうです。

赤ちゃんポストは、赤ちゃんを入れて扉を閉めてしまうと、施設の外からは扉を開けることはできません

預けた後で思い留まる親もいるようで、ポスト入り口にはインターホンが設置されており、施設の方と相談することもできるそうです。

きっと、子どもと離れるという物理的な壁を感じることで、手放す意味の重さを実感するのではないでしょうか。

私個人としては、一人でも多くの方に思い留まってもらいたい、と願わずにはいられません。

赤ちゃんポストを取り巻く声

赤ちゃんポストと検索すると、賛否両論たくさんの意見を目にします。

子どもを手放す事を助長している”“中絶という選択を自重させている”…など、様々です。

政府としては『子どもを置き去りにする事は、政府として認める事はできない』と、妊娠に悩む女性への援助の充実などをうたう、慎重な意見を発表しています。

私自身、賛成か反対かどちらかに決めるのは難しいというのが本心です。

現に、虐待から幼い子どもが犠牲になるニュースは毎日のように流れており、先日も高校生カップルが、妊娠した事を周りの大人に相談できず、出産後乳児を放置し、死なせてしまったという痛ましい事件がありました。

もし、このカップルが赤ちゃんポストがあることを知っていたら、もし子育てに不安を感じる親が相談窓口へ連絡していたとしたら、小さな命は助かったかもしれません。

しかし、赤ちゃんポストという命を守る施設であったとしても、子どもを置き去りにするという行為は許されることではありません。

赤ちゃんポストはいのちを守る手段であって、根本的な解決ではないのです。

避妊、生活環境、貧困…様々な要因が絡み合って起こったことを、私達親の世代だけでなく、もっと多くのひとが関心を持ち、考えないといけないと感じました。

現状はから考えらること

産まれてきた赤ちゃんは、小さくて弱々しい姿でも、一生懸命に泣いて生きています。

そんな小さないのちが一人でも多く守られる為に赤ちゃんポストはあるのです。

私達に出来ることは、赤ちゃんポストができた理由を知り、大人の立場、未成年の立場から何ができるのか考えること。

『こうのとりのゆりかご』を通して、いのちの重さ、尊さを考えるきっかけになればと願っています。

慈恵病院 こうのとりのゆりかご 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です