赤ちゃんにベットは必要?ベビーベットを選ぶポイントとは

赤ちゃんには布団じゃなくてベビーベットにしようと決めたけど、赤ちゃんにはどんなベビーベットが良いのか、ベットのマットレスはどんなのが良いのか、買うべきか・レンタルするべきか、ベットまわりにはどんな物があると便利なのかなど、選ぶのは楽しいんですけどホントに迷いますよね。

絶対使うつもりでも、赤ちゃんは何故かベビーベットでは寝てくれなかったり、使えたとしてもその後のしまって置く場所や処分をどうするか等…考えものですね。

そんなベビーベットにしようかどうか迷っている人、なにを選んでいいかわらない人のためにベビーベットについて説明していきます。参考にしてください。

ベビーベットの利点は

crib-446361_640

ベビーベットの利点は床より高い位置にあるのでほこり等がまっても赤ちゃんへの影響が少なくて済む事、位置が高いのでお世話が楽な事ですね。

でも大抵は最大2歳位までしか使えないので、買うかレンタルするかはとても迷う所です。

ベビーベットのサイズは大体2サイズあってスタンダードサイズなら120㎝×70㎝で2歳位まで使えて、スモールサイズなら90㎝×60㎝で1歳半位までが限界です。

部屋のスペースやいつまで使いたいかを考慮してどちらのベビーベットにするかを考えましょう。

使い終わってからどう収納するかを考えると、レンタルという選択肢の可能性が増える方もいると思いますが、折り畳みで収納できるものもあるので、一度検討してみるのも良いでしょう。

ベビーベットを買うにしてもレンタルするにしても。日本では製品安全協会で定められた規定をクリアした製品のみ販売を許可されているので、

PSマーク≪製品安全≫」と「SGマーク≪安全な製品≫

のついている安全基準を満たしたベビーベットを赤ちゃんの為に選ぶようにしましょう。

ベビーベットの選ぶ基準

ベビーベットの機能は様々で、

・高さが変えられるベット

・足にキャスターが付いていて移動が楽なベット

・ベビーサークルやラックに変形できるベット

・デスクやソファーに変形するベット

・組み替える事で幼稚園まで使えるジュニアベットに変化させられるベット

など普通にベット意外に変形させて使えるような沢山の機能があるものが出ています。

ベビーベットを購入するならラックや机やソファー、ジュニアベットに変形して出来る物なら長く使えるのでとても便利ですね。

レンタルにするのなら高さが変えられる物、足にキャスターが付いている物は最低限絶対に譲れない機能だと思います。

ベビーベットの柵は木枠のものや4面がネットで囲われいるタイプもあります。

小さな子供がいる方やペットを飼っている方は柵よりもネットタイプがおススメです。

柵の場合はイタズラして手を入れて挟まってしまう事がありますが、ネットタイプは隙間がないので安心です。

ネットタイプも色や種類も豊富なので小さな子供やペットがいる方は、ネットタイプの他に高さが変えられるベビーベットを選ぶと、臨機応変に対応できて便利です。

ベビーベットの安全対策

ベビーベットに寝ている赤ちゃんが寝返りをして動くようになってくると、結構派手に寝相が悪くなる赤ちゃんもいます。

また柵などに頭をぶつけたり手や足を挟めたりする事は結構頻繁にあります。

そんな事になる前にベビーベットの柵に取り付けることが出来るベットガードを付けておくとまだ柔らかい赤ちゃんの頭や手足を守れて安心です。

他にも直射日光や冷風からも赤ちゃんを守ってくれます。

ベットガードとは

ベットガードはとても簡単に取り付けられて、色々な色や柄があるので、お部屋の雰囲気やベビーベットに合わせて可愛くも出来るのでぜひ活用してほしいです。

ただやはりm赤ちゃんに使う物なのでアレルギー対策の為にも、ベットガードも素材は綿を使っている物にするように気を付けてくださいね。

赤ちゃんの身の回りに使う物は必ず綿素材かどうかを確認する事はとても大切です。

もしもアレルギーが出たとして、

「あ~綿じゃなかったんだ。失敗した!」

では赤ちゃんがかわいそうです。赤ちゃんの時期はとにかく早めに対策、予防策が大切です。

ベビーベットの注意点

ベビーベットに布団は必要ですが、他にマットレスを買おうと思っている方はやめてください。

「ベットなんだからやっぱりマットレスでしょ?」

と考えがちですが、マットレスは赤ちゃんには柔らかすぎる物ばかりなので、寝返りを打った時などに窒息の危険があります。

その為、ベットに敷く布団も硬めの綿素材の物を選ぶようにしてください。

赤ちゃんはずっと寝ているので、布団が硬いと寝にくいのではないかと思うかもしれませんが、赤ちゃんの安全のためにも必ず気をつけて確認してください。

でもやっぱりマットレスを用意してあげたいと思うのでれば、絶対に硬い素材の物を選ぶようにしてください。

決してやわらかくてふわっとしてるマットレスは選ばないようにしてください。

マットレスを使うのであれば敷き布団を使わないなど、工夫をしてやわらかくならないように注意してください。

赤ちゃんの周辺に使う小物類は安全面をきちんと配慮してアレルギーが出にくい天然素材の物、綿素材にこだわるようにしましょう。

赤ちゃんのベット選ぶ時は上記のようなことを参考に選んでみてください。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です