アレルギーの種類とは?知っておきたい大事な2つの疾患

近年では、アレルギー体質・アレルゲンに対する過敏・敏感反応等、日常生活に支障のあるものから、比較的、軽症又は経過観察で済む程度と、個体性から様々で範囲が広いのがアレルギーの特徴です。

赤ちゃんにとって重症化しやすく長期間を要し、日常生活で注意やケアが特に必要な「食物アレルギー」と、「気管支喘息」については、重要なポイントとなる為、簡単に要点をまとめて書いていきます。

アレルギーの分類

“アレルギー”とは、体内に侵入した異物(抗原)によって感作された個体に、同じ抗原が再び侵入する事によって引き起こされる“炎症反応”で、4つに分類されます。

各アレルギー型に属する代表的な疾患・特徴を挙げていきます。

Ⅰ型アレルギー(即時型アレルギー)

重症の場合に起きやすく著明的な特徴・早急な処置が必要で、ショックに陥る事もあるアレルギーです。

反応として、アレルゲンと架橋形成すると、細胞が種々の伝達物質や炎症細胞動員因子(炎症性サイトカイン・ケモカイン等)を即時に遊離して、様々なアレルギー症状を引き起こします。

赤ちゃんでも食物アレルギーがあり、即時型食物アレルギーの場合、生死に関わり早い医療処置が必要です。

  1. 知覚神経刺激が起こる為に…くしゃみ、痒み
  2. 血管拡張が起こる為に…紅斑、鼻閉、血圧低下
  3. 血管透過性亢進が起こる為に…蕁麻疹、血管性浮腫
  4. 気管支平滑筋収縮が起こる為に…喘息発作
  5. 粘液分泌が起こる為に…鼻汁、鼻閉、喀痰増多

 Ⅱ型アレルギー(細胞溶解型アレルギー)

細胞表面抗原・細胞表面に付着した抗原に対する抗体(IgG、IgM)が、直接、標的細胞に結合して補体の活性化によって標的細胞が溶解し破壊されるものです。

抗体依存性細胞性細胞障害と言われ、抗体のFc部分が多核白血球やマクロファージのFc受容体と結合すると、標的細胞はこれらの貪食細胞によって破壊されます。

疾患には、自己免疫性溶血性貧血新生児溶血性貧血免疫性血小板減少性紫斑病顆粒球減少症等が属します。

Ⅲ型アレルギー(免疫複合体型アレルギー)

組織内で抗原と抗体の免疫複合体が形成されると、補体が活性化されアナフィラキシトンが産生され、血管透過性を亢進させます。

また、好中球も引き寄せ、免疫複合体を貪食して、組織を破壊していきます。

疾患に、血友病SLE急性糸球体腎炎が属します。

Ⅳ型アレルギー(遅延型アレルギー)

即時反応が見られた後、再び抗原刺激を受けて炎症が起こされるものです。

サイトカインを産生し、抗体によらず炎症を引き起こす事もあります。

このサイトカインによって、更に組織障害をいっそう進展させる特徴があります。

また、この反応は抗原刺激後48時間程度にピークとなる事から、“遅延型アレルギー反応“とも呼ばれています。

疾患には、接触性皮膚炎結核の空洞形成臓器移植時の拒絶反応が属します。

食物アレルギー

日本小児アレルギー学会がまとめた定義では、「原因食物を摂取した後、免疫学的秩序を介して生体にとって不利益な症状が引き起こされる現象」とされています。

食物による生体に不利益な反応の1つであり、即時型反応と、非即時型反応に分けられます。

疫学

乳幼児の有病率は、5~10%。学童期で1~2%と推定されています。

乳幼児に耐性が獲得した後は、学童期の有病率が著明に低下します。

しかし、学童期以降に発症した食物アレルギーは、耐性獲得は不調の為、長くアレルギーとして付き合っていく傾向が強くなります。

乳児期では鶏卵乳製品小麦が3大アレルギーとして重要です。

頻度的には、鶏卵>乳製品>小麦です。

学童以降は上記と変わって、甲殻類魚類そば果物類種実類が登場してきます。

即時型食物アレルギー

食物アレルギーのほとんどが、即時型食物アレルギーによるものです。

症状出現時間は摂取後、数分以内の時もありますが、多くは20~40分で、1時間以降は少ないのが特徴です。

症状のピークは発症後30分~1時間で、多くは自然治癒傾向です。

しかし、症状が急速に進展してアナフィラキシー(複数の臓器に中等度以上の即時型アレルギー反応を認める)や、ショックに陥る事もあるので、なるばく早い医療的な処置が大切で求められています。

  1. 皮膚症状…蕁麻疹、紅斑、痒み、血管性浮腫
  2. 消化器症状…吐き気、嘔吐、腹痛、下痢

非即時型食物アレルギー

診断方法が確立されていない事もありますが、頻度が低く主要な原因ではなく、外的要因の1つとして考えられています。

慢性疾患であるアトピー性皮膚炎好酸球性胃腸炎タンパク漏出性胃腸症肺ヘモジデローシス等への関与が検討されています。

アレルギーの診断方法と症状

検査する食物を普通に食べて反応を観察する“オープン法”と、検査する食物と、そのプラセボを準備して、どちらかを食べたか分からない“二重盲検法”があります。

食物アレルギーの診断のみではなく、除去・制限の範囲を決定する目的で実施されます。

食物除去試験は、非常に評価が難しい為、専門医の元で行う事が望ましい状態になっています。

赤ちゃんが成長して、血液採取が可能になれば、採血結果でアレルゲン反応が確認できます。

この場合、赤ちゃんの健診時・受診時に医師へアレルギーの検査を希望する事を伝え、実施するという流れを取ります。

治療

原因食物の摂取を回避する事が第一になります。

また、摂取量の制限・アレルゲン化処理で接種が可能であれば、その範囲での摂取は問題がないとされています。

双方は、過剰な食物制限による栄養バランスを崩さない為と、食物除去法を栄養士・管理栄養士から指導を受け、調理の工夫が必要になってきます。

即時型食物アレルギーの治療として、皮膚症状だけの軽症例では、抗ヒスタミン薬(経口・静脈注射・筋肉注射)で十分です。

多臓器症状を伴う場合は、エピネフリンの筋肉注射を早期に行う必要があります。

個人的に小児科受診して処方された“自己注射器”を携帯しておくと有効且つ早急な処置が実施でき、重症化・症状の進展を防止できます。

気管支喘息

定義では、「発作性に笛声喘鳴を伴う呼吸困難を繰り返す疾患」「発生した呼吸困難は、自然ないし治癒により軽快・治癒するが、極稀に致死的」とされています。

この背景には、気管支喘息と似た症状の疾患があり、医師が鑑別に要する疾患(先天異常・発達異常に基づく喘鳴、感染症に基づく喘鳴等)が多い事が挙げられています。

疫学

有病率は、既往を含めると6~12%、小学児童で4~8%と推定されています。引き続き、増加傾向にあって長期化・増悪する為に重要な疾患に属しています。

90%以上が“アトピー型“で、そのほとんどがヒョウダニに感作されています。

次いで花粉・ペット・真菌の順に感作率が高くなっていますが、これはヒョウダニと重複して感作される事が多いのが特徴です。

アレルギー疾患・喘息の家族歴は、小児喘息発症のリスクファクターとなっています。

また、アレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎アトピー性皮膚炎等のアレルギー疾患を合併しやすい傾向があります。

急性発作への対応

急性発作治療の基本は、気管支拡張薬の投与ステロイド薬の投与酸素吸入補液理学的療法合併症の治療となります。

  1. 小発作
    β₂刺激薬の吸入(20~30分間隔で3回まで反復可能)
  2. 中発作
    β₂刺激薬の吸入。改善しない場合も、β₂刺激薬を反復吸入しつつ、ステロイド剤の静脈注射・内服、又はテオフィリンの点滴静注を実施する。両者を併用する事もあります。
  3. 大発作
    β₂刺激薬の反復吸入を行いつつ、テオフィリンの持続点滴と、ステロイド薬の反復静注を実施する。呼吸不全の場合は、人口呼吸管理が必要になってきます。

予防・治療

できるだけ気管支喘息の発作を発生させないためにも、赤ちゃんにとって、よい環境を整えることが必要です。次に気管支喘息の予防と、その治療について紹介します。

危険因子の回避・環境整備

ダニアレルゲンを効果的・効率的に室内から除去する事が大切になってきます。

また、ペットアレルギーも増加している為、飼育は可能なだけ避けた方が赤ちゃんにとって、良い環境となります。

タバコ、ホルムアルデヒド等の揮発性有機化合物も気道炎症を引き起こし喘息の発症・増悪に関連してくるので、注意が必要です。

長期管理薬の種類

基本的には、抗炎症作用の吸入ステロイド薬と、抗アレルギー薬が必要になってきます。

喘息発作を予防する薬剤は、原則として抗炎症薬と併用する事になっています。

長期管理薬物療法プラン

喘息症状が良好なコントロールを得られていても、薬剤の減量・中止を急がずに無発作状態が維持されている事を確認した上で、慎重に治療のステップダウンを行います。

「赤ちゃんの症状が軽快してきた」、「発作が無いし落ち着いている」等の理由から、お母さん・家族の判断で薬物療法を中止・中断するのは止めて下さい

治療のステップダウンは、医師の診察を受けて診断がついてからの結果となるのが基本です。

まとめ

アレルギー体質かどうかを把握する

アレルギーの分類や発生機序、長期に渡って悩まされる大切な疾患2つに関して書いてきました。

アレルギーは産まれながらに発症している赤ちゃんもいれば、生後数カ月経って離乳食開始した頃に発覚される事もある為、気が抜けないものでもあります。

また、赤ちゃんは肌が弱かったり敏感肌だったりと、アレルギーとの識別が困難な時期も加わっています。

お母さんが自分自身のアレルギー体質・ご主人や両家のご両親を含め、アレルギー持ちの人がいないかを把握しておき、仮にお母さん自身が食物アレルギーだったら、“もしかしたら、この子もアレルギー体質かもしれない”と捉えて慎重に観察する必要があります。

赤ちゃんでも大人でもそうですが、疲労や睡眠不足によっても、アレルギーとして症状が出現する時もあります。

必ずしもではありませんが、これも予備知識として頭に入れておかれたい事です。

また、幼少時代はアレルギーが無かったのに、思春期頃から急に発症したというケースもあります。

逆に、赤ちゃん・幼少時代にはアレルギーだったのに、思春期頃には軽快・改善、治癒したというケースもあります。

アレルゲンを確実に把握するには、医療機関を受診して血液検査です。

体質改善によって、以前は反応があったけど、今回は無かったという事もあるので、赤ちゃんの時・幼稚園の時、小学校の時等と少し成長されてから再度、検査する事も有効です。

赤ちゃんを守るのはお母さんと家族

個人的には、中学2年生の夏休みに突然、“ブタクサアレルギー”を発症しました。

くしゃみ・鼻水・鼻づまりから始まって、次第に目の充血・痒み・涙目となり時間が経たないうちに悪化して、話す事も見る・目を開く事も困難になりました。

両親が不在で、受診するのも難航となり親戚の叔母さんが市販の薬を買ってくれたのを覚えています。

そして、春先には“花粉症”で悩まされました。秋が深まった頃にアレルギーが落ち着いてホッとした頃、今度は花粉症となったのです。

今現在もこの2つには悩まされていますが、寝不足と睡眠不足の翌当日は症状が重くとてもしんどい事があります。

日常生活動作がスムーズにいかなく、鼻をかんだりと余計な事に時間が取られてロスタイムになったりと自分でも嫌になっています。

赤ちゃん個体の体質で発症したのであれば、それはお母さん・家族が徹底して守っていくしかありません。

頻回な掃除や洗濯、布団を干したり布団乾燥機を行ったりと忙しさに滑車をかける生活になります。

しかし、やった分だけ効果があるのがアレルギーです。

アレルギーは一度、反応すると時に症状が増悪したり、軽快・治癒までに長期間、治療を要したりします。

逆の展開で、アレルゲン除去に努めれば症状は起きにくい・起きても軽度だったり、早く軽快したりします。

また、処方された薬剤は説明・規定通りに確実に実施して、自己判断による中止・中断をしない事も重要です。

家族みんなで取り組んで、大切な赤ちゃんを守っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です